空知長期リーグ第3節結果

2009.06.21
ヘルニーマルヤマです。
6月20日、北村で長期リーグの第3節が行われていましたので報告します。

VS北村 ●0-1 (0-1 0-0)

第3節の1試合目は、全日本少年サッカー大会空知地区予選で優勝、そして空知・北空知・千歳・小樽の4地区によるブロック代表決定戦でCブロックを1位で突破し全道の切符を手にした強豪北村。
北村は、最後まで試合を諦めず走りきれるチームで、くりやまFCが、北村を上回る運動量を見せることが出来るかがポイント。
試合早々、アグレッシブなアプローチからボールを奪取し、栗田選手から間峠選手に鋭いパスが渡りシュート!と思いましたがアプローチが早くシュートが打てず、ボールがこぼれてしまった。しかし、ゴールの嗅覚を持っている奥川選手がこぼれてきたボールをシュート。
キーパーが前に出ていたため無人のゴールにボールが転がり先取点かと思いましたが、ゴール前がボコボコしていたためボールがイレギュラーしゴールマウスをそれてしまった。残念。
気を取り直して、臼杵選手と丹生谷選手の両サイドから攻めましたが、カウンターを恐れるDF陣が深く下がってしまったため、FWとDFの間がガッポリと空いてしまいMFの選手がサポート仕切れず攻めあぐねていると、北村のロングキックされたボールがキーパーの前でイレギュラー。・・・・アッと悪い予感のとおり、こぼれたところを詰められ先取点を奪われてしまった。そして前半終了。
試合早々のチャンスといい失点シーンといい不運と思いますが、こもれサッカーなので仕方の無いこと。しっかり蹴っていればゴールになったし、バウンドをする前にキャッチすれば失点は防げました。
後半は、得点を取りにいこう!と選手に激。
後半も激しいアプローチからボールを奪取しマイボールの時間を増やしていたが、北村の体を張ったDFを最後まで崩せずタイムアップ。

VS東 △0-0(0-0 0-0)

全日本少年サッカー大会空知地区予選のときは、我々指導者も他の指導者もビックリするぐらい素晴らしい試合をして東に2-0で勝利しましたが、最近、2試合目以降のパフォーマンスが悪い鬼門の2試合目がスタート。しかも、3チームで試合をしたため、2試合目は20分しか間隔がなくスタート。
立ち上がりから、運動量が少なく、ほとんどがパスミスで相手ボールになる試合展開。6割近くボールを持っていましたが、東の体を張ったDFに、この試合も最終ラインを崩せずない。前半0-0で終了。
後半は、疲れが見えてきた松本選手と荒木選手を交代し、最近キックが当たるようになってきた臼杵選手を前線に上げ得点を取りにいきました。
しかしまたもや最終DFの壁を破れず0点で、タイムアップ。

個々には頑張っていたのですが、チームとしての結果がでず、そして目標としていた2試合で勝ち点6が1になってしまい残念。
北村も東も対人のDFと、ハイボールの処理がしっかりできるチームなので足し算や引き算のようには簡単にいきません。これからトレーニングで、まだまだ身に付いていないフェイントで抜く、高いボールを弾くなどのボールを持ったときの技術や、将来のためにも観て考る賢いサッカーを出来るよう頑張って行きましょう。あと、夏休みに入るぐらいまでには、スタメンを取れていない選手の奮起を期待しています。

□交流ゲーム
 VS東  ○2-0 得点者 西条、小野
 VS北村 △0-0
カテゴリー
最近の記事
過去ログ