空知長期リーグ第2節 Bチーム

2010.05.29
【Bチーム】
本日のキャプテンは加藤。果たして午後の部のBチームのプレーは・・・?

第1試合 VS幌向 ○7-0(2-0/5-0) 得点者 藤村3 広瀬2 天谷 澤口
午前中にも増して強風の中、Bチームも奮闘。藤村が細かいステップで密集地帯を抜け出し、先制ゴールをあげると、第1節でも2ゴールを決めた天谷が、ゴール前でこぼれ球を押し込み、追加点。常にDFやスペースをみて、相手より早く動き出し、リバウンドには必ず詰める天谷。最近成長著しい選手の一人である。
風上にたった後半は、広瀬・犬飼が躍動。先週の第1節から、トレーニングの取り組み方がグングン良くなった犬飼は裏を狙い続け、右サイドで攻撃の起点となる。その犬飼が持ち込んであげたセンタリングに広瀬が合わせて3-0。藤村が左足で決め、4-0。そして、藤村が左サイドを突破し、ゴール前へ送ったセンタリングに澤口が飛び込む。一度ははじかれるも、再度押し込み、澤口が追加点をあげる。本人は「ニヤリ」としていたが、相当嬉しそうだった(笑)。ナイスシュート
その後も、広瀬がDFにはさまれながらも強引に振り切り、追加点をあげると、3たび藤村がゴール!
6年生の西條・加藤も落ち着いてドリブル突破を成功させていた。

第2試合 VS長沼 △2-2(0-1/2-1) 得点者 村上 広瀬
連続で長沼との対戦。身体能力が高く、スペースにどんどん飛び込んでいける長沼に苦しめられるが、榎本・藤澤が必死に防ぐ。強風の風下で、ボールがなかなか前に進まない苦しい展開の中、村上のパスは直接センターの相手選手へ。ワンタッチされた後、鮮やかなミドルシュートを決められ、先制される。選手は必死にファイトするが、なかなか長沼の最終ラインを突破できず、0-1で前半終了。
後半、風上に立つも、一瞬の隙を衝かれ、左サイドを突破されると、たまらずファウル。FKを直接決められ、0-2に。なかなか声も出せず、重苦しい空気になるが、この空気を救ったのは、なんとGK村上。前線の広瀬へと蹴ったボールが強風に乗り、相手ゴール前でイレギュラー。そのままゴールに入ってしまい、スコアは2-1へ。何ともラッキーなゴールが生まれる。
その後、長沼の大型DFに苦しめられていた広瀬が、鮮やかな突破からゴールを決め、2-2に。スコアこそ同点だったが、技術や身体能力の大きな差を感じさせられるゲームとなった。

第3試合 VS南幌 ○5-2 (3-1/2-1) 得点者 藤澤2 藤村2 羽山
最終戦は南幌。このゲームでは藤澤のドリブルが冴えに冴える。先週のトレーニングから、ステップの踏み方の幅やリズムを変えたドリブルにチャレンジしていた藤澤は、好んで密集地帯へ飛び込んでいく。スキーのモーグルの選手のようにヒラリヒラリとDFのタックルをかいくぐり、2ゴール。同様にドリブルの突破にチャレンジし続けている藤村も2ゴール。この日はなかなか波に乗りきれなかった羽山も、最後は縦に強引に突破し、DFに寄せられながら、ぶつかりながらもねじ込んだ。まずはゴールに向かうのがFW。最初の選択肢が「パス」の選手は、DFからすると、ちっとも怖くないということを学べたのではないか。

5・6年生チームのメンバーは現在、サッカーノートに個人の反省や課題を記している。書き上がった選手のノートに目を通すと、実に的確な内容であることに驚く。昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分が成長するには、「もっとこういう選手になりたい」という気持ちが何よりも大切であり、うまくなること・強くなる事への欲求が高い選手達だと、トレーニングの雰囲気も高まっていく。各々のチャレンジをサポートしていきたいと、選手のノートをみて改めて感じさせられた。ある選手のノートには、「自分達は挑戦者である」と記されていた。その通り。いつでも我々は挑戦者なんです。

保護者の皆様、強風の中、本日もありがとうございました。テントが吹き飛ばされ、駐車場へ飛んでいった時は、どうなるかと思いましたが・・・ギリギリセーフでほっとしています。
怒濤のスケジュールの5月でしたが、ワールドカップが開幕する6月も、よろしくおねがいいたします! 
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【21:53】
カテゴリー
最近の記事
過去ログ