夕張JSフェスティバル2日目

2010.07.31
ヘルニーマルヤマです。
夏休みの練習期間になって、私は練習に参加しておらず、そして昨日の大会初日に参加していなかったので久しぶりに選手達のプレーを見ました。

そして、今日の選手達のプレーを見てまず一言感想を。

「すごく、巧くなっています!」

大雑把な感想で申し訳ないのですが公式戦2試合と交流3試合を観て本当に感じたことです。
まず、ちょっとプレッシャーがあっても止める蹴るなどの当たり前のプレーが出来るようになっており、ボールを足元だけでなくスペースで貰うことが出来る選手が増えていることと、自分達で試合に挑む雰囲気作り(自家発電)ができるようになっていたことです。

指導者を続けて10数年経ちますが、5年生のこの時期でここまで出来るなんて・・・ご家庭での選手達への接し方や選手の意識の賜物だと思います。

これから書く試合結果は浅井選手を中心とした数人が記録を取ってくれました。
記憶力が弱くなっている私には大変助かりました。ありがとう。

1試合目(予選リーグ3試合目) VS常盤 ○6-0(3-0/3-0)
得点者 山内1、広瀬2、白井1、藤村1、羽山1

立ち上がり、ちょっと緊張をしていたDFの榎本、三木田がちょっとおぼつかないボールコントロールがあったが、4年広瀬選手が半身のスクリーンからみごとな突破をしシュート。枠を外れてしまったが長い距離を走って詰めた山内選手がフォアで合わせ先制ゴールを決める。チームの雰囲気が良くなり相手にボールを触らせないでシュートまで行くシーンが増える。
前半8分、またも広瀬選手がDFの抜き去りシュートという場面で足を掛けられPKを得る。広瀬選手が左上に突き刺し2-0。続いて前半13分、藤村選手のシュートのこぼれ球を広瀬選手が決め3-0。前半終了。
前半の3得点に全て絡んだ広瀬選手。見事です。
後半は全交代しスタート。
羽山選手が前線で起点を作りチャンスを作る。
後半2分、その羽山選手がゴール前で溜めてから丁寧にオーバーラップしてきた白井選手にパス。白井選手がダイレクトでしっかりコースを狙いゴール。
後半5分、藤村選手が相手チームのクリアボールを拾い、距離があったが右足を振りぬきゴールを決める。
後半11分、白井選手がオーバーラップし、羽山選手にスルーパス。羽山選手は落ち着いてキーパーのいないところにボールを流し込んだ。6-0。
予選リーグを3勝の1位突破を決めた。総得点21、失点1の得失点+20。出場チームのなかで一番良い成績だった。

2試合目(二次予選トーナメント) VS豊園 ○10-0(4-0/6-0)
得点者 山内2、羽山2、藤村3、藤沢2、白井1

予選リーグ1位で突破したためAブロック4位の豊園と二次予選トーナメントを戦うことになった。
この戦いでもし負けると予選リーグの戦いの意味を無くしてしまう大切な試合。
選手達は気合を入れて試合に挑んだ。
すると開始10秒で羽山選手からのスルーパスを山内選手が1試合目に続けて先制ゴールを決めた。しかも左足で。
このゴールでチームが勢いに乗り、ゴールラッシュ。
前半2分、山内選手の突破からチャンスを作り羽山選手がゴール。
前半5分、藤村選手の機転の利いたループパスを受けた羽山選手がゴール。
前半7分、三木田選手からのスルーパスを山内選手がゴール。
前半11分、藤村選手がミドルからズドーンとゴール。
前半13分、勢いに乗った藤村選手がハーフラインからドリブルを開始しゴール前まで進みゴールを決める。
後半3分、白井選手の丁寧な横パスを受けた藤沢選手がドリブルで持ち込みゴール。
後半10分、河原選手がこぼれ球を予測しマイボールにして冷静にフリーだった藤沢選手にパスしゴール。
後半11分、藤沢選手とのパス交換から藤村選手がゴール。
後半13分、藤村選手のコーナーキックから白井選手が合わせゴール。
見事勝利し、決勝トーナメントに進むことになった。

大会の合間にメロンが賞品となる保護者によるレクレーションがありました。
各チーム父親2名、母親2名の計4名を1チームとして走り有り、ドリブル有り、そして三角コーンに頭をつけて回るといった競技を参加チーム16組で一斉に行われました。
くりやまFCからは、藤沢パパ、白井パパ、三木田ママ、中川ママが参加。
スタートは三木田ママ。スタートの笛が鳴った直後に三木田ママが消えた。他の参加者に飛ばされ転んでいたのです。(怪我しなくて良かった)後で聞くとぶつかった人は「ごめんなさい」と言いながら走っていったそうです。
第二走者は中川ママ。三木田ママのアクシデントをチャラにする走りでトップ集団に迫る活躍でした。
第三走者は白井パパ。ここで白井パパの変な男気?が突然出て三角コーンを10回回るところを14回回ってしまい最下位グループになってしまった。
第四走者の藤沢パパは一生懸命に走るも残念ながら最下位から2番目の成績となった。
「ドンマイ」と声を掛ける選手達・・・・。お疲れ様でした。

明日は、大会3日目となり各家庭にはご負担を掛けますが優勝目指して頑張りますので応援お願いします。

※追記:菅原
実はこの日、「今までこの大会でゴール決めたことあるひと~?」と聞いたところ、数名がまだゴールを奪えていないことが判明。そりゃあ、そうです。毎日20名前後の選手が参加しているから、皆が皆、ゴールを奪えるはずがありません。しかしここで、「今日中に全員がゴールを決めて帰ろう!」と指導者からムチャな要求を出しました。「ええ~!」という反応になるかと思いきや、「おお~」「そうだね~!」と選手の反応は上々。かくして、「まだゴールを決めていない選手が決めよう」という目的の試合・交流戦がスタート。結果は・・・なんと、全員が決めることができたのです!これはなかなか難しいことではありませんか。しかし、そう簡単に奪えず、相当時間がかかったことも事実。「決定機」とは、各々の選手が、最もゴールを奪うのに近道だと思う判断を連続して行うことでうまれるということが、選手もよ~くわかったのではないでしょうか。そして、その選択肢を増やすために、ボールのない選手が効果的に動き出す。このことの大切さも感じることができたのではないかと思います。
暑い中、よくがんばりました!
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【22:14】
カテゴリー
最近の記事
過去ログ