FC2ブログ

FSリーグ

2010.11.28
本日行われました当別FSリーグの結果を報告します。



【1試合目 伏古北 3対0 得点者 青木2、岩本】

1ピリオド目は、チャンスは作るが、決めることができず、反対にカウンターからピンチを招くが、キーパーの小谷を中心に、最後の所で守りきり0対0で終了。

2ピリオド目は、1ピリオド目の反省を生かし、ファーストディフェンダーを決め、奪いに行くこと、ファーストタッチで、騙すことを確認。
良い展開となり、何度も素晴らしいファーストタッチで相手を置き去りにしてた、青木のゴールで先制。そして、何度も素晴らしいインターセプトからゴールに向かっていた岩本が追加点を奪い2対0で終了。

3ピリオド目も良い流れの中、途中交代の加藤が、入ったワンプレー目で丁寧なパスを青木に通し、青木が落ちついて決め、3対0で勝利した!


【2試合目 北園美香保 9対1 北原3、広瀬5、辻】

1ピリオド目、スタートから良いプレーをするも、カウンターから失点。
しかし、このゲーム絶好調の北原が、ハットトリックの大活躍でゲームをひっくり返す。
その後も相手を見ながらきちんと繋ぎ、良いパフォーマンスを見せ終了。

2ピリオド目
開始早々に広瀬の突破から辻が決め、追加点!
ここから、1試合目に相手のアプローチ、狭いスペースに苦しんだ広瀬が躍動する!
課題としていた狭いスペースでのプレー(ファーストタッチ&ドリブルのスピード)が改善され、2ピリオド目で3ゴール!
成長を感じされるプレーだった。

3ピリオド目
2ピリオド目で波に乗った広瀬が2ゴールを決め勝負を決めた。
このゲームは、丹生谷のダイナミックなプレー、田縁の丁寧なパスが印象的なゲームだった。

【3試合目 若葉ボンバーズ 5対0 得点者 加藤、広瀬3、岩本】

最後のゲームは同じく全勝の相手で、勝てば1位となるゲーム。

1ピリオド目、試合開始からお互いに集中し、激しい好ゲームとなる。
相手の激しいアプローチに苦しめられ決定的なチャンスが少ないままゲームが進む。
決定的なチャンスが増えてきたが決め切れず、カウンターを受けてしまい、0対0で終了かと思われた終盤。
右サイドから加藤の冷静なシュートが決まり先制する。

そして迎えた2ピリオド目。
試合の緊張感、雰囲気でメンタル的に非常に高まった状態で試合を開始。
(1ピリオド目も出たくてテンションが上がってしまい、ラインぎりぎりで応援していて監督に注意されてましたが・・・笑)
試合開始から素晴らしいパフォーマンスを見せ、良い展開に。
相手のエースの選手を棚田が完璧に押さえ、ペースを引き寄せる。
すると、広瀬の2ゴールで3対0。

3ピリオド目も集中した良い入り方をして、広瀬が早々に決め4対0に。
全員が良い顔つきをしていたため、交代しながらゲームが進み、最後は岩本。
またしても良い形で奪い、そのまま左サイドネットにズドン!!!
また、このゲームでは、村松の粘り強いプレーが印象的だった。

4年生は、以前よりも勝負にこだわれるようになってきたと感じました。
ゴール前のピンチのシーンに気付くのが早くなったし、体を投げ出しても止めることができるようになってきました。
反対に課題各自で感じたことでしょう。


続いてお昼から登場の3年生。
ゲームの1時間前に現地集合としましたが、急遽試合が30分繰り上げに・・・。笑

【1試合目 元町北 3対0 得点者 林、土門、藤村】
昨日の練習試合で良いパフォーマンスだった3年生。
試合開始から昨日の良い流れのまま、好プレーを展開。
林のゴールで先制、土門が追加点を奪い2-0で終了。
ゴールは奪えなかったが高野瀬の動き出し、木下の積極的なプレーが非常に良かったです。

後半は、藤村の独壇場となる。
相手が1人の時はヒラリとかわし、2人・3人集まると効果的なパスでチャンスを演出。
三上・本多ともにゴールは奪えなかったが、良いスペースを見つけ決定的なシーンを多く迎えた。
また、何度か迎えたピンチも坂口のファインセーブ、馬場の体を張ったディフェンスで無失点に抑え、勝利した。

さて、3ピリオド目と思っていたが、今日は全後半で行うようです。笑
知らなかった・・・・

【2試合目 伏古 1-3 得点者 藤村】
2試合目の相手は夏に負けてい伏古。
リベンジ目指したが、前半からどんどん前に来る相手のペースに呑まれてしまった。
頑張ってはいるのだが、相手の土俵で戦ってはやはり厳しい。
相手に合わせ何でも縦に進み、奪われを繰り返してしまい前半で0対3に。

逆転を目指し迎えた後半。
見立が激しいプレーでリズムを与える。
何度もシュートを打って相手に襲いかかるもシュートがことごとく入らないまま時間だけが過ぎてしまう。
結局、藤村が1点を取り返すもタイムアップ。
悔しい敗戦となった。


【3試合目 SSS 2-4 得点者 土門2】
悔しいゲームの次は、圧倒的なゲームを続けているSSS。
試合を観た感じ、技術・判断・守備、どれを取ってもワンランク上の相手。
選手たちにはミーティングで、苦しいゲームになるけど、この相手に勝つことが出来るとサッカー選手としてグンと伸びるよ!勝つためには全員で走って、力を出し切っておいでと伝えました。

試合開始から今までに見たことがない位、走り・タフに闘い続ける選手たち。
すると、藤村のセンタリングを土門がボレーを決め先制点。
さらにテンションが上がり、そのままの勢いでまたしても藤村からのパスを土門が押し込み追加点。
しかしその後、きれいに裏を取られ1点返されてしまいます。
まだまだいけると思いましたが、相手の質の高いスルーパスに裏を取られ続けてしまい、2点奪われ逆転。

後半メンバーも逆転を目指し、自分の力を良く発揮しました。
名内の運動量で相手を苦しめ、一進一退のゲームが続く。
1試合目、2試合目とチームのバランスを気づかい、攻撃のシーンが少なかった羽山が1対1で相手をかわし何度もシュートを打つ。
残念ながら相手キーパーの好セーブに阻まれ、試合終了間際にゴールを奪われ試合終了。


ゲームが終わり、全員がめっちゃ泣きました。
この涙って、自分を出し切って届かなかったからなんですよね。
本当にかわいそうでしたが、絶対にサッカー選手として1段成長したと感じました。

明日からの取り組み方が本当に楽しみです。


最後に保護者の皆さま、いつも送迎・応援ありがとうございます。
また、選手に対して非常に良いアプローチをしてくれてるからこそ、選手たちもサッカーにきちんと向き合えていると感じます。

次のFSリーグでは選手と頑張り、もうワンランク上の選手を観てもらえるよう、みんなで頑張っていきたいと思います。















記事URL | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(0) | 【20:43】
カテゴリー
最近の記事
過去ログ