U-10 空知地区予選結果(予選リーグ)

2011.06.28
優勝の感激とは前後しましたが、予選リーグの結果内容をおしらせします。
予選リーグCブロックは、岩見沢Jr・三笠FC・幌向の4チームでの対戦となりました。
上位2チームの決勝トーナメント進出に向けた試合開始です。
□第1試合 3-0(前半2-0) VS岩見沢Jr
 今大会は全試合12-3-12とあっとゆうまの時間経過が予想されるなか、緊張の予選リーグ第1試合の開始となりました。春からのTGMで試してきたシステムで望みましたが、得点を許さなかったものの前線への大きなボールが配給され幾度もピンチを迎えるなか、ヒロトのカットからユウタへのつなぎから5分GK正面のシュートが決まり先制点をあげ、緊張か解き放たれ交替出場のショウの切り込みからカナタへのパスが繋がり7分2点目を上げ前半終了
 後半はメンバー交替を繰り返し全員がピッチに立つことを目指しましたが右・左サイドからの攻撃を続けるも得点とならない中ユウスケの粘りからカナタへとパスがとおり11分後半やっと得点することとなり3対0で初戦を終える
□第2試合 3-2(前半0-2) VS幌向
 第1試合と同じ先発メンバー・システムで望みましたが、幌向の早いサイド攻撃に押される展開となり、2分ペナルティー外でのFKを与え直接得点され苦しい立ち上がりとなりました
 終了間際にも左サイドの攻撃に耐え切れずセンターへのパスをカットされ11分2点目を与え非常に厳しい展開で前半を終了しました
 ハーフタイムでは選手は慌てることもなくシステムの変更を理解したようで3分間の短いインターバルの後ピッチに向かいました。トップのリクトのクサビが聞き始め3分スピードが持ち味の両サイド攻撃が繰り返されレオからシオンへのスルーバスがとおり冬から何度も見たシオンのゴールで反撃が開始されました。GKソウスケのファインセーブで得点を許さない中4分・9分リクトの切り込みから2得点を挙げ見事逆転で勝利しました。選手から前半の焦りも無く絶対負けない気持ちがあったと聞き、たくまし育っていることを確信しました。
□第3試合 3-0(前半2-0) VS三笠FC
 第2試合の逆転勝利のあと選手はOFでの過ごし方もよく、出場機会の少なかった選手も緊張感を保ちながら第3試合に望みました。決勝トーナメント進出は決めていたものの選手は疲れもなく、開始3分カナタの落ち着いたシュート決まり安定した試合展開のなか7分今度はシオンからレオへのお返しのパスが繋がり2点目を決め前半を終了しました。後半は選手の疲れも目立ち始め足も止まりってきたなか6分リクトの得点で3点目を決め試合終了、決勝トーナメントへ1位で望むこととなりました。熱い中集中した選手の成長を見ることができ。2日目への期待を持って帰路に着きました。 応援保護者の皆様お疲れ様でした。
※ 2日目結果はアップされた内容のとおり感動するものでした(祝勝会は地元会場が塞がって岩見沢で決勝を戦った中央との同じ会場でした。全道では頑張りましょう!)
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【17:13】
カテゴリー
最近の記事
過去ログ