苫小牧遠征結果(1日目)

2009.12.20
遠藤です。札幌でFSリーグが行われている中、他の4年生メンバーで苫小牧遠征に行ってきました。結果をお知らせします。

第一試合 VS福井野

今大会は「相手に裏を取られない、相手の裏をつく」というシンプルなテーマで試合に臨みました。前半開始1分立ち上がりから相手に体を寄せきれずに簡単にシュートを打たれてしまい失点…その後藤内が果敢に1対1を仕掛けるも周りのサポート不足から孤立してしまう。そして相手FWが放ったシュートが味方がブラインドとなってしまいGK村上が見えず、股をつかれ失点。徐々に動き出す選手が増え始めてゲームが落ち着きだすが0-2ままで前半が終了。
ハーフタイムに「動き出しを多くして積極的に縦を狙おう!」と確認して後半へ…するとキックインのときやクリアランスでサイドでボールを受けた選手の後にタイミング良く縦でボールを受ける選手が見え始め、チャンスが生まれ始める。
しかし逆にパスカットされた後、がむしゃらにボールを奪いに行くため裏にいる選手をケア出来ていなく、そこを使われ0-3に…上本のタイミング良いインターセプトがきき、前で奪うことが多くなり相手コートでの試合が進むが、相手GKのパントキックがまたしても相手FWがブラインドとなってしまいワンバウンドしたボールはGK村上の頭上を越えて失点…そのすぐ後何度もドリブルを仕掛けていた山内がチャンスを作る!サイドを軟らかいボールタッチで突破し思い切りよくシュート!しかし当たり損ねて、ボールはゴール前に…フリーで待っていた榎本が左足で押し込み1-4になる。流れがよくなり追加点が奪えそうな雰囲気の中タイムアップ…

結果 1-4 ● 得点者:榎本


第2試合 VS苫小牧中央

1試合目の反省を生かして「裏にいる選手をしっかりつかまえてDFする。」ことを確認して試合に臨む。前半3分ピッチ中央でボールを受けた山内が右サイドにいる犬飼をしっかり見て丁寧にパスを送る。これを犬飼がワンタッチいい位置にボールを置き、スピードに乗ったままシュート!すると相手GKの手をはじき先制!!トレーニングで行ってきた、コントロールからシュートまでの一連の流れがよく出たナイスゴールだった。1試合目より選手の動きが軽く、パスがつながりシュートチャンスを作る。犬飼の打ったシュートがこぼれたところを三木田が奪いドリブルし、そのままゴール!2-0となったが、やはり確認していた裏を突かれ立て続けに2点を失い同点となり前半が終了…
後半から天谷を投入すると早速期待にこたえる。後半1分、右サイドに流れたボールに追いつき角度のないところから思い切ってシュート!これが相手DFの足に当たりコースが変わり得点!3-2と再び勝ち越す。しかし相手の早い選手にドリブル突破され失点、また同点とされる。その後しっかりと体を寄せてDFするが、パスカットされた後、自分のマークを置き去りにして相手に不用意に飛び込むことから簡単に裏の選手を使われてしまい、1試合目と同じような失点をしてしまい3-4ととうとう逆転を許してしまう。また自陣ゴール前からの不用意なドリブルを奪われてしまいGKと1対1になり、簡単に追加点を奪われてしまう。くりやまも相手と同じくらいチャンスを作っていたが、蹴れないことからゴールを奪えない。ほぼ互角の力を持っていたが、相手のシュート力が上回っていた。キックの精度、強さの課題が浮き彫りとなった試合だった。

結果 3-5 ● 得点者:犬飼、三木田、天谷


第3試合 VS早来

もう負けられない、勝って明日につなげたい大切な3試合目。試合前に選手たちに自分たちで勝つために必要なことを確認して試合に臨む。やることはしっかりと理解されている状態だと思われたが、またも裏をフリーにさせてしまい失点。同じような場面が何度もあり、頭で理解はしているものの、ボールを奪われた瞬間に体がボールによせなきゃ!と動いてしまうそんな感じに思えた。藤内がファーストタッチで前のスペースに持ち出しGKと1対1の決定的な場面になる。思い切りよく打ったシュートはGK正面にいき弾かれて得点ならず…前半は0-1
後半開始前、選手たちに活を入れる。「このままでいいのか?もっと勝ちたい気持ちを出して戦わないと勝てる試合も勝てない。」と伝えてピッチに送り出す。選手も顔つきが変わり気合を入れて後半へ…前半より激しく体を寄せながら必死にDFするが相手のシュートが一歩はやく失点。しかし榎本が根性を見せ相手ゴール前でボールを奪い得点!その後も1対1の攻防が続き、チャンスをつくるもコントロールが雑なことからシュートまで行けなかったり、打てる場面でゴールを意識していないことから2タッチ3タッチしてしまう。最後は相手と競り合いながらDFするが一歩先にスライディングで押し込まれ1-3となり試合終了

結果 1-3 ● 得点者:榎本



一日目を振り返り、やられているところ、やれているところがより明確になった。明日はその課題をどれだけ一人ひとりが感じて、考えてプレー出来るかが今後のレベルアップにつながる。札幌チームも5位という成績だったが、沢山の課題も出たようだ。先を見据えて今、選手たちに何が必要なのかを考えながら関わっていきたい。

保護者の皆様には雪道のなか選手たちの送迎、応援ありがとうございました。今日もよろしくお願い致します。
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/1002-34d43e57
カテゴリー
最近の記事
過去ログ