【報告】森永製菓ウイダー栄養講習会

2010.01.22

 栗高サッカー部は、冬期間は体育館が利用できない火曜日・木曜日を中心に『全道大会で絶対に当たり負けない体づくり』を目標にしてフィジカルトレーニングに励んでおります。
 その一環として、1/21(木)に栗高会議室にて森永製菓(株)ウイダー事業部の北海道地区担当矢野さんを講師として「サッカー選手のための栄養講習会」を開催し、選手・マネージャー・スタッフで参加しました。
 その中ではサッカー選手にとって「食べること」がどれほど大切なことかを勉強しました。特に、全国大会に出場しているチームの選手や今年度北海道代表の旭川実業の選手のフィジカルデータと栗山高校の各選手のデータを比較してみると栗山高校の選手の「線の細さ」などフィジカル面の課題が浮き彫りになりました。また、実際にフィジカルアップのために必要なカロリー量(毎日どんぶり6杯以上!)や補食(試合後の食事)のメニューなどについても勉強しました。数多くの合宿や全道大会での宿泊においては『食事の重要性』についてはかなり指導してきているつもりでしたが、あらためて各選手の食事についての『意識の低さ』を痛感しました。
 毎日の食事についての意識改革をするだけで5月末から行われるインターハイの結果も大きく変わってくると思います。選手自身はもちろんのこと、各ご家庭につきましてもご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
 なお、今回の講習会については、本校サッカー部が利用している高校生サッカー部員向け携帯マガジン『Spike!』スコアブックにおける『森永製菓ウイダープロテインのモニター募集』に申し込んで実施したもので費用については一切かかっておりません。また、モニターとして森永製菓ウイダープロテインを冬期間利用してフィジカルアップを目指したいと思います。
 資料が欲しい方は、栗高梅田まで連絡を下さい。
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/1019-4af2aa02
カテゴリー
最近の記事
過去ログ