オオムラサキカップ1日目【レギュラー】

2010.01.24
オオムラサキカップの6年チームの結果をお伝えします。

第1試合 VS末広北 ●3-5(2-1/1-4)得点者 棚田、栗田・臼杵

全道フットサル旭川地区代表の末広北にどこまで食い下がれるか?選手の奮起を期待したい一戦。しかし、あっという間に先制点を奪われる。このままズルズルいくか・・・?と思われたが、吉岡のロングパス(シュート?)を棚田が頭でコースを変え、同点に。そして、栗田がゴール左下にコントロールシュートを決め、逆転。2-1で前半を終える。
後半開始早々、臼杵が追加点を決め、3-1となり、いい雰囲気となったが、直後に3-2とされると受け身になり、3-3に。相手選手の速く、大きい選手の突破をなかなか止められず、体の寄せが甘いままに連続失点を喫し、終わってみれば3-5。悔しい悔しいスタートとなった。

第2試合 VS芦別 ●0-2(0-1/0-1)

サイズもスピードも同じくらいだが、キビキビと動き、積極的にボールに関わってくる芦別。一進一退の攻防が続くも、ゴール前のコントロールされたダイアゴナルのパスに斜めにチョンと合わされ、失点。後半、くりやまFCもよみがえり、必死に走り続けるが、ゴール上に決められてしまい、0-2に。開幕2連敗となり、合宿誘致杯の悪夢がよみがえる・・・。

第3試合 VS東FC ○4-3(2-3/2-0)得点者 棚田・栗田・臼杵

崖っぷちの第3試合。相手のオウンゴールで先制するも、あっという間に同点とされる。棚田のゴールで再び勝ち越すが、FKを直接決められ、CKからも失点し、前半ビハインドでベンチに。あまりのふがいなさに、今大会はじっとガマンして見守ろうと考えていたベンチから一喝!「走れ!戦え!楽するな!」と声をかける。サイズ・スピード・パワーに欠ける6年生は、ねばり強いDFや、周りの選手との関わりで、目の前の試合を今まで戦ってきたのだからやれるはず。そう信じて後半がスタート。「しっかり決めるところ決めてこい」と送り出した栗田が同点ゴールを決めると、さらに運動量が上がり、最後は臼杵がGKの手をはじきながら決め、逆転に成功。何とか1勝をあげる。

第4試合 VSレグルス ○6-3(1-3/5-0)得点者 臼杵3 棚田2 栗田

いよいよ代表決定戦。負ければ志文小・勝てば栗山小。明日の会場が決まる一戦だったが、またもあっさり先制される。臼杵のゴールで同点に追いつくも、その後2失点を喫し、1-3で前半終了。もっとやれるはずなのに・・・ベンチももどかしいが、選手も波に乗れず、もどかしそうだった。
しかし、後半、臼杵と栗田のコンビネーションから臼杵がニアサイドに決めると、一気にゴールラッシュ!棚田が3点目、4点目を立て続けに決め、珍しくガッツポーズ雰囲気はさらによくなる。そして、臼杵・栗田がだめ押しゴール!何とか栗山小学校行きを決めた。

2日目もがんばろう!
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/1020-92f3cf8e
カテゴリー
最近の記事
過去ログ