フットサルフェスティバル・新人大会in砂川(2日目結果)

2010.03.08
菅原です。
フットサルフェスティバル2日目の結果をお伝えします。

準々決勝 VS上江別

前日の予選リーグの段階で圧倒的なパフォーマンスをみせていた上江別。高い位置からのアグレッシブな守備・ボールを持っていない選手の効果的なオフの動き・GKも使ったポゼッション・などなど、くりやまFCも見習うべきポイントがたくさんある好チーム。
夜の抽選会の結果、決勝トーナメント1回戦の相手となり、指導者としては、選手の成長を確かめるまたとないチャンスとなる。
開始から互いに緊迫した厳しい展開が続き、前半は0-0。丹生谷がことごとく縦パスをカットし、奥河がゴールに迫るミーティングでは、「後半にゲームが動くから、どんなに苦しい展開になってもあわてないこと」と伝えていたが、後半開始早々からくりやまFCに試合の流れが来る。リスキーではあるが、高い位置から常にインターセプトを狙い、人を余らせないDFを続けることで、「奪う」場面が増え、シュートまでいくが、後一歩のところでバー・ポスト・GKの好セーブで決めきれない。逆に、GKからのパス回しをさらわれ、失点を喫してしまう。必死に反撃を試みるも、再びGKからのフィードをさらわれ、あっさり2失点目。交代しながらもパフォーマンスが時間の経過と共に落ちていったくりやまFCと比べ、最後まで運動量が落ちなかった上江別の選手達の動きが光り、善戦ではあったが、差を感じさせられた一戦となった。
実はこのゲーム、試合前の準備で給水ボトルを忘れてくるという痛恨のミス後半のパフォーマンスに影響が出た原因の一つかもしれない。道具の準備や管理など、選手にとっては苦~い薬となったのではないだろうか。
VS上江別 ●0-2(0-0/0-2)

決勝トーナメント下位戦 VS名寄

この試合を前にキャプテン・副キャプテンを発表。優勝はなくなったが、「白星でスタートしよう」と、新たなモチベーションで臨む。開始早々、テンポの良いパス回しが続き、先制の予感が漂うも、カウンターから失点。1点ビハインドで試合が進む。ベンチからみていると、丁寧に攻撃を続ければ得点を奪えるな、という試合展開ではあったが、これもまたサッカー。しかし、選手は、あせることなく試合を進め、藤村が空中で浮き球を鮮やかにトラップし、着地後たたき込むという素晴らしいゴールで同点に追いつき、前半終了。
後半は藤澤が大活躍まるで相手の心を読んでいるかのような的確なポジショニングでインターセプトを連発し、少しでもスペースがあれば前に飛び込み、ボールを引き出す。一方的に相手コートで試合を進め、そのまま藤澤は2ゴール。3-1と、有利にゲームを進める。しかし、ゴール前でFKをとられ、これを直接決められ、3-2に。勢いづく名寄。浮き足立つくりやまFC。しかし、何とか逃げ切り、勝利を収めることができた。先制された後より、1点差にされた後の方がバタバタしたプレーとなり、つくづく「追う」より「追われる」方が選手は苦しいんだな、と感じさせられる試合でもあった。
VS名寄 ○3-2(1-1/2-1) 得点者 藤村 藤澤2

VS奈井江
本日最終戦は、北見ブルーサンダースを破った奈井江。大型選手が多く、柔らかいテクニックがある選手もいる好チーム。北空知地区の優勝チームでもある。選手には、「奈井江は北空知地区のチャンピオンだから、この間南空知で優勝した君たちとの南北空知チャンピオンシップだぞ」と伝える。試合は一進一退の攻防となり、2失点するも、藤村の左足のゴールと、加藤のゴール前でGKをかわす技巧的なゴールで、2-2のままPK戦に。藤村-丹生谷-吉川と、くりやまFCの選手は3人とも決め、相手の2人目のPKを吉川がセーブし、PK戦でチャンピオンシップを制した(笑)。
VS 奈井江 ○2-2(2-2/0-0 PK3-1) 得点者 藤村 加藤

優秀選手は、何度も厳しいファールを受けながらも、果敢に突破に挑み続けた奥河選手。あちこちアザだらけになってないかな?よく頑張りました

大会は、準決勝を7-1で勝ち進んだ上江別が、決勝も選手を順に交代しながら5-0で圧勝。優勝チームにふさわしい、素晴らしいパフォーマンスをみせました。試合終了後、上江別のT監督に「おめでとうございます」と伝えにいくと、「一番苦しかったのはくりやまFCとの試合だったよ。素晴らしいチームでしょ」とリップサービスを頂きました。毎年何度もTRMをお願いしているので、ぜひ、また対戦しましょう!上江別戦は、確かにいいところまで戦えましたが、互いに時間やスペースの余裕がない場面での技術には小さくない差があり、今後の課題が見出せる素晴らしい大会となりました。
今後、卒業式の関係で、練習場所が確保できない日々が続きますが、各選手、自覚を持って体を動かし続けてほしいと思います。新キャプテン・副キャプテンの、小野・吉川の2選手を中心に、外で更に飛躍していけるシーズンにしましょう。

保護者の皆様。ハードなフットサルシーズンでしたが、活動を支えて頂き、ありがとうございました。ちょっと一休みして、3月末からは怒濤の遠征の日々が始まりますが、あたたかいサポートをお願いします
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/1049-c4005861
カテゴリー
最近の記事
過去ログ