メロン旗開幕!!

2010.05.01
菅原です。
本日より開幕した「メロン旗」について報告します。
G.Wとしては非常にテンションが下がる低気温・雨の中、伝統ある春季フェスティバルに臨みました!

VSアンフィニ ●0-2(0-1/0-1)

予選リーグ初戦の相手は、北海道トップクラスの力のアンフィニ。先日の旭川のフェスティバルで対戦し、敗れた近文との経験をふまえ、積極的にボールを奪いにいき、アグレッシブに戦うことを確認。しかし、予想を上回るパススピードと、少々のアプローチではミスを全くしないアンフィニの攻撃にDFラインが下がり、防戦一方の立ち上がりとなる。相手のシュートミスにも助けられ、シュートがバーに当たるという幸運もあり、苦しい苦しい時間が続く。
しかし、相手の良いコースに飛んだシュートを、GK松本がビッグセーブ松本はその際に鼻と口を流血し、一時退場となるも、このプレーからチームの雰囲気が変わり、丹生谷・山口が立て続けにボールを奪取。DFラインを上げて中盤でプレスをかけられるようになり、少しずつハイテンポに慣れ始める。しかし、いい時間帯の中、ゴール前の混戦からついに失点を喫する。
しかし、選手は気落ちすることなくピッチのあちこちでハードワークを行い、奥河がスペースに抜け出し、DF3枚を引き連れてシュート!惜しくもゴールは奪えなかったが、いい雰囲気で前半を終える。
後半開始早々、アンフィニはミドルレンジからシュートを狙い続け、ピンチが訪れる。苦しい時間帯が再び訪れるも、丹生谷を左サイドのDFに配置し、白井を右サイドに投入してからは再び押し返せるようになる。しかし、GKへのバックパスからピンチが広がり、最後はGKのパントキックをさらわれて0-2に。
試合終了間際、白井の激しいアプローチから相手GKへのバックパスを奥河がさらい、決定的なチャンスが訪れるが、惜しくもゴールならず、0-2で敗戦。トップレベルのチームとの差を感じさせられるゲームではあったが、選手にとっては素晴らしい経験となった。

その後の交流戦では登別エルカソと対戦。交流メンバーは、思うようにプレーできず、悔しい思いをしたのでは。その差を埋めるには、日々意識してトレーニングしていくしかない。近道はないんです。

明日は静内高静と大樹との対戦。今持ってる力の精一杯を発揮して成長していってほしいと願っています。

保護者の皆さま、きっと明日は好天だと思います。よろしくお願いいたします。
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【20:48】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ