メロン旗2日目

2010.05.02
菅原です。
メロン旗2日目の結果をお伝えします。

VS静内高静 ○1-0(1-0/0-0) 得点者 藤澤
予選リーグ2試合目は静内高静。2年前のオオムラサキカップでは、完敗しているチーム。スピードに全くついていけず、DF陣を切り裂かれた。果たして今回はどうか・・・?
開始早々、速い展開から左サイドの加藤を走らせ、立て続けにビッグチャンスが3回訪れる。しかし、いずれも決められない。サッカーというのは、ゲーム展開に波があるので、波が来ている時間帯に得点を奪ってしまわないと、痛い目にあうことが多い。案の定、中盤をドリブルで突破され、ピンチを迎えるが、何とかDF陣が体を張って防ぐ。攻め込みながらも決定力に欠ける、嫌な展開を吹き飛ばしたのがMF藤澤。風上をうまく利用したミドルシュートが突き刺さり、ようやく苦しい中で先制点をもぎとる。
風下に立った後半は、パスミスが多く、苦しい時間帯もあったが、何とか1-0で終了。勝ち点3を手にしたが、多くの課題が残った。

VS大樹 △2-2 得点者 藤村 加藤
アンフィニが全勝で1位を決定し、1勝1敗同士で対戦の両チーム。今シーズンの起こりうるであろう様々な状況を考慮し、ポジションを入れ替えて試合に臨む。ある程度のノッキングは予想していたが、ポジションの変更以上に選手の出足が鈍く、リアクションが悪いため、危険なエリアでファウルを犯し、FKを狙われるという苦しい立ち上がりとなる。弱気なプレーは前への推進力を失い、逃げの横パスを繰り返すという悪循環。失点は時間の問題か・・・?と考えていたが、案の定、直接FKを決められ、失点。ここで意気消沈し、「奪う」のではなく、「防ぐ」プレーに終始し、DFラインのパスミスからスルーパスを通され、2失点目を喫する。しかし、これもまた良い経験。選手もポジションも変更することなく前半はガマンの時間帯として終える。
ハーフタイムに、「同じような状況、過去になかったか?」と選手に問いかける。弱気なプレーでゲームが壊れてしまった試合と、同じようにリードされても、気落ちすることなく攻め続け、逆転した試合を例にあげた。「ここから猛反撃しておいで。0-2というスコアは、逆襲するには最高のスコアだ」あえて試合でのポイントを一切伝えず、メンタル面のみのミーティング。ここから先は選手の「負けず嫌い魂」を信じるしかない。
すると後半開始早々、右の丹生谷・左の加藤が連続してDFラインの裏に効果的なフリーランニングを行い、主導権を握る。DFラインも、思い切ってインターセプトを狙いに行き、奪ったボールを丁寧に攻撃の第一歩につなげる。
すると、前半失点した場所と同じような場所でFKを獲得。藤村の放ったシュートは、ゴール奥のポールにガツン!とぶつかり、2-1に。更にテンションがあがり、アプローチスピードがあがる選手達。残り時間が刻々と過ぎていく中、ゴール前へ飛び込んだ加藤がDF・GKと接触し、転倒。しかし、執念をみせる加藤はすぐさま立ち上がり、ゴールへ流し込み、同点!!!「しゅう、やるんでしょ。」監督もニヤリと笑顔を見せる、素晴らしいゴールだった。
終了間際、負傷の加藤に替わって浅井が前から猛然とボールを追い続け、このゲーム、何度となく仕掛け続けた奥河・藤村がゴールに迫るも、2-2で試合終了。得失点差でグループ2位となった。昨日のアンフィニ戦での頑張りが効いたかな・・・?

交流では、旭川忠和・登別エルカソと対戦。最近、みるみるボールを奪うのが上手になった宮本・コンタクトに抜群の強さを発揮する榎本・頭脳的にインターセプトを狙う田中のプレーが光った。大きいゴールなのになかなかシュートが入りませんね・・・

メロン旗は出場チームのレベルが高く、みていても面白い、そして学ぶところが数多くあるゲームばかりです。2位といっても、各地域のトップレベルのチームばかり・・・。明日の相手は「札幌ジュニア」。選手の成長が楽しみです。

記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【21:30】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ