空知長期リーグ第2節 Aチーム

2010.05.29
菅原です。空知長期リーグ第2節の結果をお伝えします。

先週と一部メンバーを入れ替え、午前組~Aと、午後組~Bに分かれて臨んだ長期リーグ第2節。雨の降りしきる低温の中、トレーニングに取り組んできた成果は出るか・・・?

【Aチーム】
第1試合 VS幌向 ○3-0(1-0/2-0) 得点者 丹生谷2 奥河
先週体調不良にて出場できなかった中川をMFに置き、丹生谷・奥河の2トップで臨んだ幌向戦。強風の中、ビルドアップのミスで開始早々押し込まれ、嫌なムードが流れる。しかし、風下では、低いボールを走らせるということを選手達は理解しており、FWへの丁寧なパスを丹生谷がファーストタッチでDFを置き去りにする。あっという間にGKと1対1になった丹生谷は、意表を衝くニアサイドへのシュートを流し込み、先制する。その後も、しばしばパスミスからピンチを迎えるが、何とかおさえ、1-0で前半を終える。選手達はよく声も出ていて、ファイトしていたが、自分達のパスミスをさらわれ、リズムに乗りきれないという展開だった。これはある程度想定済み。この8人制のコートでは、ちょっとしたミスが決定的なピンチを招いてしまう。DFが攻撃の第一歩になるためには、実践の中で多くを学んでいかなければならない。
後半、丹生谷が浮いたボールの落ち際を丁寧に逆サイドに流し込み、追加点。なかなか突破してもフィニッシュがうまくいかなかった奥河も、左サイドまで持ち込んだ後、きれいにターンを決め、逆サイドのネットに豪快に突き刺し、3-0。2人のFWのゴールで勝利を手にした。

第2試合 VS南幌 ○8-2(5-2/3-0) 得点者 奥河5 吉川2 小野
続く第2試合。足下の技術の向上に必死で取り組んでいる吉川をMFに配し、期待を込めて奥河の1トップで臨む。すると、前半、吉川がゴール前で強引に持ち込み、先制点をたたき出す。その2分後、奥河も冷静にドリブルから流し込み、2-0に。期待通りの展開となる。しかし、前がかりになったDFラインを個の力で突破され、2失点。同点に追いつかれてしまう。嫌なムードになりかけたところを払拭したのはまたも吉川&奥河。吉川がゴール前のこぼれた浮き球をジャンピングボレー(!)で決め、3-2にすると、奥河が3人を抜き去った後、ゴール前まで冷静に運び、GKをよく見て丁寧に流し込み、4-2に。先週のTRで取り組んできたが、なかなかうなくいかなかった奥河の丁寧なゴールが決まると、ここから奥河の得点ラッシュがスタートする。前半終了間際に、ワンフェイントでDFをかわし、DFにぶつかったシュートが決まり5-2になると、後半も立て続けに2ゴールを決め、何と1人で5得点。波に乗ってしまうと素晴らしい動きを見せてしまうプレーに、昨年のリトルスプーンカップを思い出した。
しかし、このゲームの最も美しかったゴールは、最後の8点目。左サイドでボールがおさまった瞬間に、白井が長い距離を一気に駆け抜け、オーバーの動きの中でパスを要求。白井はそのボールをそのままワンツーでさらに抜けだし、中央へ。中央でも2本きれいにパスがつながり、シュート。GKにあたったボールをキャプテン小野が冷静に流し込む。「動きながら」のプレーで精度が著しく落ちているという課題の克服に取り組み続けているが、うまくパスが流れ続け、複数の選手が関われた、良いゴールだった。
この後、交流1試合を終えて(波に乗っている奥河がさらに得点を重ねた!!)、Aチームは解散。

続いて12:00集合のBチームが登場!


記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【21:14】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ