U-10 北北海道大会(1日目)

2010.07.17
菅原です。
帯広で行われている4年生の北北海道大会の様子をお伝えします。
サッカーばかりで世の中に疎い菅原は、真面目に日勝峠を越え、試合時間直前に到着。高速道路無料だったんですよね・・・。帰りは高速を使い、日帰りしました。

第1試合 VS本別 △2-2(1-0/1-2) 得点者 広瀬2

全道大会初参加(当たり前だが)の選手達の立ち上がりはガチガチ。一方、伸び伸びと躍動する本別。一方的に押し込まれ、先制されるのも時間の問題か・・・?という状況だったその時、広瀬に縦パスが入る。ターン一発で相手DFを1人置き去りにして、奪いに来た2人目をヒラリとかわすと、そのままDFラインを一気に突破し、GKと1VS1に。左隅にバチーンと蹴りこみ、見事な先制点!その直後に前半終了の笛が鳴り、前半を最高の形で終える。
後半、ポジションを修正してきた相手チームに再び主導権を握られ、CKをきれいに合わされて同点とされてしまう。攻めていてもなかなかゴールが奪えずフラストレーションがたまっていた相手応援団も選手も一気にヒートアップ!このままあっさり逆転を許すか・・・?しかし、北原・岩本・棚田がしつこく体を寄せ続け、苦しい時間帯を耐えに耐える。すると、広瀬に再びボールが渡り、広瀬は右サイドのあまり角度のないゾーンから右足を振り抜く。すると、これが意表をついたミドルシュートとなり、再び2-1に!
このまま勝ち点3獲得なるか、と希望を持ったが、左サイドからあげられたボールを逆サイドできれいに合わされ、2-2に。初戦を勝ち点1で終えた。途中出場の3年生羽山・ピンチの連続を必死にしのいだGK小谷の奮闘がキラリと光った。

第2試合 VS旭川末広北 ○3-1(2-1/1-0) 得点者 広瀬2 加藤
決勝トーナメントをかけた大切な第2戦。Warm-upではコンタクトを伴う1VS1を行い、雰囲気を高める。中川コーチからは、「みんなは必ず一日に一試合、絶好調の試合をする。第1試合はあまり良い動きではなかったから、きっとこのゲームだと思うよ」と勇気の出る一言をかけられ、選手達は燃える。立ち上がりから左サイドの青木を中心にボールを回し、攻勢に出る。アプローチも速く、第1試合とは別人のような動きだったが、長い距離のFKを直接決められ、先制点を奪われてしまう。しかし、選手は気落ちすることなくアグレッシブに戦い続け、前半のうちに広瀬が2ゴールをあげ、逆転!2-1で前半を終える。
後半は、右サイドの加藤・左サイドに交代で出た丹生谷が積極的に仕掛け、チャンスを生み出す。サイドをワイドに使うことでうまれた中央のスペースは、この試合絶好調の辻が細かいステップでDFを抜きまくる。前半の活躍で厳しいマークを受けた広瀬は、効果的にサイドにボールを散らし、何度もゴールに迫る。積極的な攻撃は遂に実を結び、左サイドでDFを十分に引きつけた広瀬からのパスを、猛然と走り込んだ加藤がミート!待望の3点目が生まれる。1試合目はなかなか波に乗りきれず、悔しい思いをしていた加藤は面目躍如!その後、交代で投入された3年生藤村もチャンスを作り、とうとう3-1で試合終了!勝ち点3を獲得した。

明日は10:20より旭川愛宕と対戦。決勝トーナメントの緊張感のなかで、選手がグングン伸びていくことを期待しています。ファイトー!
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【21:33】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ