フクハラ杯1日目

2010.08.07
菅原です。
帯広で行われているフクハラ杯の様子をお伝えします。夕張JS大会で優勝したくりやまFCは、若干メンバーが欠けた状態で参加です。果たして初日は・・・?

第1試合 VS白人●1-2(1-0/0-2)
得点者 藤澤

初戦の相手は十勝地区のU-11年代強豪、白人。U-10年代でも上位に進出し、第1試合でも9-0で勝っていた好チーム。速く、個人技に長けている選手を前線に3枚並べ、その選手にボールを配球して個人技で勝負するチームである。
くりやまFCは開始早々、藤村・藤澤が個人技でDFラインを切り裂き、突破。相手のDFラインが整う前にシュートを放ち、主導権を握る。藤村はGKと1VS1になるも、GKの好守に防がれる。そして藤澤が巧みなステップで中盤を突破し、そのままミドルシュートを決め、先制!良い雰囲気のまま攻め続け、決定機を何度も作って前半を終える。
しかし、後半、相手の右サイドから突破を許し、同点とされると、雰囲気は一変。まだ余裕があるのに無理な体勢からボールを蹴り、失う。ルーズボールへのファーストDFが曖昧になり、こぼれたボールをさらわれる。押し込まれたまま雰囲気は悪くなり、遂に7分、ゴールキックのボールをカットされて逆転されてしまう。この時点でまだまだ時間は残されており、ボールを動かしながら突破を狙えばチャンスがあったのだが、あせった選手達はミスを繰り返して自滅。痛い敗戦を喫した。
夕張JSでの優勝から一転した敗戦に選手も呆然としていたが、冷静に考えると、これが現在のチームの実力だということ。試合の主導権を握られた状態でどのようにプレーし、勝利を目指すかという点・個人の技術や判断という点で山ほど課題が見つかったゲームでもあり、そう考えると収穫の多いゲームとなった。

第2試合 VS音更Jr ○6-1(2-1/4-0) 得点者 藤村3 藤澤 羽山 犬飼
第2試合はメンバーを入れ替えて臨んだ。しかし、30度を軽く超える暑さと、粘る芝で選手の足取りは重く、先制点を喫してしまう。相手も同じ条件であるということを考えると全く言い訳とはならず、選手のひ弱さが浮き彫りになった。前半は藤村のミドルシュートと、サイドからのボールを流し込んだ藤澤のゴールで辛くも逆転して終える。
後半は更にメンバーを入れ替える。すると、羽山・犬飼の両サイドが積極的に前線へと飛び出し、共にゴール。少しずつボールが動くようになり、6-1で勝利。グループリーグを2位で終えた。

しかし、48チームが参加するこの大会は、1位のみが決勝トーナメントに進出するため、残念ながら2位リーグということになってしまった。夜のミーティングでは個人の目標・夢や、チームの目指す方向性について確認し、次の日の健闘を誓い合うこととなった。灼熱の(夜も30℃以上!!!)帯広での経験は、選手をたくましく成長させてくれることでしょう。

保護者の皆様、暑い暑い大会ですが、サポートよろしくお願い致します。
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【22:13】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ