チビリンピック 空知地区予選 2日目

2010.09.19
菅原です。
チビリンピック空知地区予選2日目の結果をお伝えします。

第1試合 VS東FC
1日目、共に勝ち点6を獲得した2チーム。勝ったチームが全道にグンと近づく大切なゲームである。そして、選手達にとっては、昨年のU-10北北海道予選で敗れ、悔しい思いをしたチームでもある。「東とやりたい!」選手達は対戦を熱望していた。
試合前、アップ・ミーティングを行った時点で、選手の顔は引き締まり、気合いの入った表情をしていた。「今自分達が持っている技術や体力を全部出し切って、楽しんでおいで」と送り出した。
第1ピリオドは開始早々から激しくアプローチをしかけ、好ゲームの予感。すると4分、獲得したCKを、ファーサイドの浅井が鮮やかに合わせ、先制!1分後には藤村が追加点をあげ、2-0で終える。第1ピリオドの選手達の気合いに感化され、第2ピリオドの選手達も、「絶対追加点とるぞ!」「いくぞ~!」と声をあげてピッチに向かう。そして第2ピリオド3分、広瀬のゴールが決まって3-0。よし、さらに行くぞ!と思いかけたその時、左サイドでのボールの処理に時間がかかり、ボールを奪われる。失ったボールを中央へ運ばれたところでミドルシュートを打たれる。高く、ゆっくりと上がったボールは、GK羽山の手の届かないところへ向かい、ポストに当たってゴール。3-1とされる。盛り上がる東FCの選手達。しかし、そんな嫌なムードになりかけたチームを救ったのは白井。DFのカバーに戻り、献身的なフリーランニングを行い、サイドからのボールを引き出しにスペースに走り・・・いったいピッチに何人いるんだ!というくらい、豊富な運動量でチームを支えてきた選手、白井は、3-1とされた1分後、広瀬の突破からのこぼれ球をバシっとシュート。これが鮮やかにゴール上に決まり、4-1に。嫌な雰囲気を断ち切る、値千金のゴールだった。さらに、苫小牧遠征で手を骨折し、フィールドで出場の松本が、相手GKが飛び出した後のこぼれ球をインサイドキックで正確に合わせ、きれいな弾道のゴールで5-1!良い雰囲気で第2ピリオドを終える。
第3ピリオドは開始早々、広瀬がドリブルで抜け出したところを倒され、PKを獲得。羽山が落ち着いてゴール右隅に押し込み、6-1に。その後、藤村・広瀬がゴールを決め、最後に藤澤が決めて試合終了。昨年涙を流した選手達は、必死に戦い、勝ち点3を獲得した。
VS東FC ○9-1(2-0/3-1/4-0) 得点者 広瀬3 藤村2  

VS FC志文
いよいよ最終戦。東との大一番を終え、気持ち的にもゆるみそうになっている選手達をもう一度引き締め、リーグ最終戦に臨む。前の試合の日の出VS東が2-2の引き分けだったため、志文は勝ち点3を得れば全道大会への出場権を獲得。高いモチベーションで試合に向かってくる。
開始早々、中川・犬飼・三木田のDF陣が積極的にインターセプトを成功させ、押し込む展開になるも、なかなかゴールが決まらない。しかし、ゴール前に藤村・広瀬が侵入し、こぼれたボールを藤澤が「ズドーン!」と強烈に叩き込み、先制点をあげると、雰囲気は良くなる。6分、藤村が細かいステップで右サイドを切り裂き、中にセンタリングを上げると、そこには詰めていた山内が。今までスペースへ入るタイミングが悪く、TRで再三取り組んできた成果が表れた、素晴らしいゴールだった。その後、GKからのボールをカットした藤村が3点目を決めると、今度は右サイドの浅井が躍動する。俊足を活かし、スペースにどんどん進入。相手ボールには激しく寄せ、中の状況を観ながらセンタリング。かずし、東戦のゴールで波に乗ったかな・・・?そしてそのプレーは8分、遂に実を結ぶ。DFラインからボールを動かし、できた真ん中のスペースに縦パスが通ると、浅井は猛烈なスピードでスペースへ。右サイドを疾走し、ゴール前を通したセンタリングに、再び山内がパチーン!と合わせ、ゴール!互いの「絵」が一致した素晴らしいゴールだった。その後、O.Gと藤村の追加点で、なんと6-0で第1ピリオドが終了。
続く第2ピリオドは、天谷が大活躍。GKからのパスを積極的に引き出し、相手のいない方へドリブル。相手選手がずれて生まれたスペースに、丁寧にスルーパス。たいち、成長したなあ・・・とベンチでは監督も感心していた(笑)。
中島も、「緊張しすぎて具合悪くなった」と言いながらも、積極的に仕掛け、松本も効果的なスルーパスを通す。交代出場の河原も、右サイドを積極的に突破していた。時折飛んでくる相手のロングキックは、羽山が落ち着いて処理。良い展開の第2ピリオドだったが、最後のフィニッシュが決まらず、第2ピリオドは0-0で終える。
ラストの第3ピリオド。選手達は集中を切らさず走り、志文の激しいアプローチに必死に立ちむかう。そして、藤村のロングシュートを含む2発で2-0。8-0で最終戦を終えた。
VS FC志文 ○8-0(6-0/0-0/2-0) 得点者 藤村4 山内2 藤澤 O.G

優秀選手はそうし。好不調の波が少なく、いつも安定して活躍できるそうしの力と、時には仲間にも激しく激をとばす熱いメンタルがチームを優勝へと導いてくれました。よくがんばったね!

そして、優勝おめでとう5年生!プレッシャーもあり、直前にコンディションを崩したり、けが人が出たりして、うまくいかないことも多かったけど、よくみんなで力を合わせて頑張ったと思います。スコアほど楽なゲームばかりではなかったし、課題も数多く見つかりました。
全道大会の会場はホームふじ。強豪達との激闘が待ってます。みんな、どれだけ成長できるかな・・・?指導者達は、とっても楽しみにしています。夢に向かって頑張ろう!

応援の保護者の皆様、あたたかい声援、ありがとうございました。次の戦いに向けて、頑張るであろう選手達の応援、よろしくお願い致します。
2010チビリン5


明日は急遽6年生のTRMが入りました。5年生の来れそうな選手は2:00にふじに集合!ビブスで対応するので、ユニフォームはいりません。

6年生、運営のお手伝い、ありがとう!明日もギャラの分、しっかり働いて下さいね~!

横で行われているトラック予選はBEST4が出そろいました。
三笠VS南幌
長沼VS上幌向
明日の準決勝・決勝も激闘が予想されますね!
記事URL | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(0) | 【18:07】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ