空知長期リーグ第4節

2010.09.23
菅原です。
雨で延期となり、行われていなかったポカリスエットU-12長期リーグが日の出小学校で行われました。

第1試合 VS 中央
今季一度も対戦していない岩見沢中央。そして、栗夢広場よりも狭いピッチ。どのような試合展開になるか、指導者も楽しみに選手を送り出す。
グラウンドが固いということもあり、浮き球の処理に時間がかかり、ボールがうまく動かない時間帯もあったが、吉川の安定したプレーで少しずつリズムを取り戻し、奥河が鋭い突破でゴールを目指す。両サイドの加藤・藤澤がコントロールミスが少なく、ボールがしっかりと収まるため、時折オーバーをかけてDFが攻撃参加。良いテンポの時間帯が続く。すると、右サイドから奥河に絶好球。決まったか・・・と思ったところで奥河はシュートミス。こぼれ球を藤村が拾い、GKの手の届かないコースに冷静にたたき込み、先制。
後半はメンバーを入れ替え、週末ガールズエイトの遠征に向かう山口を投入。数多くのシュートチャンスを作るも、例によってことごとく外し、1-0で試合終了。小野・吉川の安定感と、よくボールを収めた奥河のポストプレー、運動量豊富にサイドを駆け回っていた加藤の健闘が光った。いいね、6年生!

VS 中央 ○1-0(1-0/0-0) 得点者 藤村

間には、長沼とのTRM。今季何度目?と数えたくなる位、数多く対戦し、そのたびに多くのことを学ばせてもらっている。このゲームでは、宮本が奮闘。サイドでディレイをかけ、人数が揃ったらしっかりアタックし、体を張って貢献していた。先日のチビリンピックでは、緊張気味で、プレーが硬かった山内も、少しずつ慣れ、効果的に突破していた。

第2試合 VS 日の出
長沼とのTRMから15分ほど間を挟み、すぐに日の出との試合。開始1分で、藤村のミドルシュートがGKの足にぶつかり、そのままゴールインし、先制。奥河が追加点を決め、2-0で前半終了。ルーズボールへの処理が緩慢だったということ、相手のビルドアップを、どこで分断し、どこで奪うのかを確認して後半がスタート。
すると、後半開始早々、奥河が加藤・藤村とのパス交換からゴール前に侵入し、サイドネットに流し込み、3点目。良い時間帯での追加点をあげる。すると、今度は右サイドの藤澤がセンタリングを上げるぞ、という雰囲気のまま持ち込み、ニアサイドにビシッと突き刺し、追加点。「最初から打つつもりだった」というりょっち。選択肢を持ちながら運ぶと、相手DFもやりにくいというお手本のようなゴールだった。
この時間帯から活躍を始めたのが山口。「縦への突破」を、先日の岩見沢JrとのTRMでも彼女に課題としてあげていたが、この日は積極的にチャレンジ。何度も突破し、チャンスメイクを行う。そして、右サイドから鮮やかなミドルシュートが決まる・・・かと思いきや、猛烈に走り込んだ奥河がネットを揺らし、アシストに(笑)。久しぶりのゴールはおあずけになったが、素晴らしいプレーだった。
最後は、ずっと好調だったが、ゴールだけは奪えずにいた加藤が遂に決め、試合終了。「やっと決まったよ~」と笑顔だった。ナイスシュート!

VS 日の出 ○6-0(2-0/4-0) 得点者 奥河3 藤村 藤澤 加藤

残る長期リーグはあと2試合。少しでも上位にいけるよう、がんばろう!ちなみに昨年は最少失点で、準優勝でした。今年はどうかな・・・?

保護者の皆様、けっこう寒い中ありがとうございました。あまりにも体調が悪かったたため、早々に帰らせてもらいました。スミマセン。
そして、キッズを取り仕切って頂いた千葉団長を始め、1・2年生のスタッフの皆様も、本当にありがとうございました。お世話になりっぱなしです・・・。

記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【22:09】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ