【結果】バーモントカップ道央ブロック予選(2日目)

2010.11.14
ヘルニーマルヤマです。
昨日は、2勝1敗でブロック予選を突破し決勝トーナメントに進むことができました。
さて今日の決勝トーナメントはどうだったのでしょうか。

決勝トーナメント1回戦
VSイーグレット岩内(小樽地区代表)
昨日の予選で空知地区代表の北村を4-3で破り1位で突破し決勝トーナメントに進んだ岩内。
試合前に、体とメンタルのアップを行い気合十分で試合に挑みました。
ホイッスルが鳴り、勢い良く相手陣内に突入と思いきや、激しいチェックを受けボールを奪われシュートを打たれた。ファーストシュートは岩内。
その後、ポストプレーが上手な大型の選手を起点に攻める岩内とボールを動かしながらスペースを狙いながら攻めるくりやまFCの一進一退の攻防がしばらく続きました。
GK吉川選手の安定したセービングと丹生谷選手の粘り強いディフェンスで岩内の攻撃を耐えているうちに、前線の奥河選手が機転を利かせ、岩内のポストプレーをする選手へのパスコースを消し始めました。
また、ちょっと疲れが見えてきた丹生谷選手と小野キャプテンを交代。
すると、最終ラインでボールを回していた岩内の選手に対し藤村選手が襲い掛かりボールを高い位置で奪うことができ、そのままシュート。
これが見事にゴールに突き刺さり、前半10分に待望の先取点をとることができました。
このゴールは、藤村選手の個人技もありますがその前にパスコースを消した選手やそれまで岩内にゴールを許さなかった選手達の頑張りがあったのでチーム一丸で奪った得点です。
この得点で選手もベンチも盛り上がり、くりやまの攻撃のスイッチが入りました。
30秒後に奥河選手が強烈なシュートを放ち、一度岩内のGKに弾かれましたが藤沢選手がこぼれ球を押し込み2-0。
前半終了までの残り1分30秒間怒涛の攻撃を見せ惜しいシュートが何本もありましたが残念ながら前半終了。

ハーフタイムに「あと1点奪いに行くぞ」と激を入れ後半に挑みました。
前半終了間際に勢いのまま試合早々からシュートを放つくりやまFC。
ゲームが動いたのは後半2分。キックインからシュートを打たれ角度が余り無いところでしたがゴールを奪われてしまいました。
昨日好調だった加藤選手を投入。加藤選手のドリブルから再三のチャンスを掴みますが最後のフィニッシュが決まらない。嫌な時間が続く。
すると後半7分、またもやキックインからGKの鼻先でコースを変えられ同点。
ここで私は選手達がバタバタ慌てるかな?と思いましたが、選手達は慌てず3点目を果敢に狙いに攻め続けました。
成長したな!みんな!
しかし私の思惑とゲーム展開は別で残念な結末に。
後半12分を過ぎロスタイムに入ったところで、パスカットされたボールを運ばれ2対3の数的不利な状態になりゴールを奪われてしまいました。
2-3で岩内の勝利。大逆転に喜ぶ岩内。沈むくりやま。
う~ん。今思い出しても悔しい!

選手達は一生懸命に頑張りました。試合内容も現時点の力は出し切り良かったと思います。
でも負けは負け。敗者なんですよね。
この敗戦の悔しさはすぐには癒えませんが、まだまだ選手達の戦いは続きます。
選手のみんな!この悔しさを忘れず、再び這い上がろう!

保護者の皆さん。そしてくりやまFCを応援してくれる皆さん。
力一杯の応援ありがとうございました。
一から出直しますので温かい応援をお願いします。

決勝トーナメントの結果は、空知代表の南幌も残念ながら1回戦で小樽地区のフェニックスに敗戦。
しかし空知代表の北村がやってくれました。
1回戦で小樽地区の北小樽、準決勝で千歳地区の恵み野、そして決勝で私達が敗れた岩内を破り道央ブロック優勝をしました。
北村の皆さんおめでとうございます。選手をはじめ監督・スタッフの皆さん全道頑張って下さい。
空知代表、道央代表として力を出し切って下さい。
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(1) | 【18:50】
コメント
お疲れ様でした。とって残念でたまりませんが、先週の優勝の時の勢いとちがい明らかにモチベーションも低かったかも
この負けをバネにして、最後のフットサル、力の限りがんばって欲しいと思ってます。指導者のスタッフの皆さん、最後までご指導お願いします


【2010/11/14 22:21】 URL | #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ