ポカリリーグ2部スタート

2011.05.29
ヘルニーマルヤマです。
5/29 ついにポカリリーグの2部がスタートしました。
くりやまBの始動です。
本日の会場は、美唄市の東明公園内のグラウンド。
岩見沢-美唄間の高速を利用するとかなり早く到着することが出来た。

VS中央 ○2-1(得点者:加藤、広瀬)
最近は6年生中心で動いていたため、5年生にとっては久々の試合。
試合前にスタートから相手よりも一歩でも多く走って勢いに乗って3試合を戦おうと確認し試合に送り出した。
栗山ボールでキックオフ。笛が鳴ると同時に広瀬選手が切り込みコーナーキックを得た。
すると、広瀬選手が蹴ったボールを相手がクリアするとペナ外にいた加藤選手の前にボールが転がってきて、加藤選手がダイレクトでしかも左足で振り抜くとゴールに綺麗な虹がかかりネットを揺らした。
開始1分の出来事・・・・栗山の応援団から大きな歓声が上がりました。
これで勢いが付き何度もゴールに襲い掛かる栗山。
5分に待望の追加点が生まれる。広瀬選手が右サイドを突破し角度の無いところからゴールを決めた。
さらにもう一点と3点目を狙いに行ったが、ここから5年生特有の「ボール長く持ちすぎる病」が始まる。
周りを見ながら決断したプレーなら良いのだが、周りを見ず目の前の選手との戦いを挑むプレーが多くなりボールが全く動かなくなり流れは中央に傾いた。何とか前半をしのぎきり前半終了。
ハーフタイムに�ボールを持っている人を助けるプレーをしよう�ボールの持っている人は自分で判断してプレーをして、もし相手のボールになった時はすぐボールを取りに行こうと確認し後半スタート。
しかし、勢いに乗った中央の選手をなかなか止めることが出来ない。危ない場面があったがここで光り輝いたのは棚田選手と小谷選手。的確なコーチングと体を張ったプレーで得点を許さない。しかし後半9分、ついに左サイドを突破され失点。
ここから選手を入れ替え、走れる田縁選手や青木選手投入し流れを変え得点を取りに行ったがなかなかシュートが打てずそのまま試合終了。何とか初戦勝利。

VS美唄 ○3-1(得点者:広瀬2、丹生谷)
美唄はGKがとても上手で、前線に足元の技術がある選手が揃っているチーム。
試合前に、1戦目はなんとなく前線に蹴っているボールが多かったのでサイドやGKを上手く使いながら、ちょっと難しいが周りを見ながらボールを回していこうと話して試合に挑んだ。
北原選手や岩本選手が蹴らずに、中央の加藤選手や広瀬選手を上手く使いボールを動かしてじわじわと攻める栗山。
すると左バックの棚田選手が相手を引き付けて左サイドの加藤選手にスルーパス。受けた加藤選手がゴール前に走りこんだ広瀬選手に2タッチ目でセンタリング。これを広瀬選手がダイレクトで蹴りこみ先取点。
めちゃめちゃ早い判断で素晴らしいプレーを見せてくれました。ナイスプレーです。
しかし前半はこの1点のみで後半スタート。
スタート早々、右サイドの青木選手から中央にいた加藤選手にパス。ちょっと溜めてから加藤選手はフリーの丹生谷選手に横パス。これをダイレクトで打つも美唄GKが素晴らしい反応を見せセーブ。
悔しがる丹生谷選手は、ここでスイッチが入り。美唄GKが蹴ったボールを拾いそのままゴールに一直線。これが決まり2-0とした。出だしが遅くなった美唄にすかさず広瀬選手が襲い掛かり3点目を取った。
その後、後半9分に失点したが何とか2勝目をあげることができた。

VS三笠B ○5-1(得点者:広瀬3、丹生谷、オウンゴール)
試合前に「今年の6年と5年は昼食後の試合は強いと思っている」と私は根拠も無く選手に伝え、さらに「もし今日の最終試合負けたら走るトレーニングをして帰る」と選手に伝えました。さて、体力ゲージが下がっている選手達は不可解な思い込みと理不尽な要求を突きつけられたが頑張ることができたのでしょうか??
この試合は青木選手が躍動。ベンチで「今日得点を取りたい」とボソボソとつぶやいていた青木選手が活躍し攻撃にアクセントを付けてくれました。
前半4-1という得点となり後半も1-0で合計5-1で勝利することができました。

やった3連勝!このまま勝ち続けディビジョン1に上がろうね!

本日、応援をしてくれた保護者の皆様。応援ありがとうございました。
最近5年生の試合が少なかったですが、これから徐々に増えていくと思いますのでご協力をよろしくお願いします。
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【21:16】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ