道新旗 準々決勝

2011.07.09
五十嵐です。全少では大事な日に体調を崩し申し訳ありません。すごく楽しみしていたので自分でも情けなく思います。道新旗は体調万全です。
VS 岩見沢Jr ○5ー0
得点者 藤沢2、藤村1、広瀬2

立ち上がりからチャンスを作り、シュート放つものの枠に行かず。やはり初戦の硬さか。前半9分、藤村選手が倒されて得たFKに藤沢選手が合わせて先制。これで少しリラックスできたか、良いコンビネーションを発揮しながらゴールに迫っていく。1分後、再び藤沢選手が白井選手とのコンビネーション+ドリブル突破から左足シュートを決める。さらに13分、藤沢選手がミドルシュート決める。右サイドからも犬飼選手や交代で入った三木田選手、天谷選手がタイミングよく裏に飛び出しチャンス作るも、得点には至らず前半終了。SHのポジション取りとSBのオーバーラップを途中で止めないこと、そうすることで前の選択肢がふえること、ハイボールを弾ませずにきちんと跳ね返すことを確認し後半へ。後半スタートから村上、浅井選手を投入。4分、GK村上選手のフィードパスから裏に抜け出した広瀬選手がゴールへ突き刺す。7分、キレのある動きを見せていた浅井選手からパスを受けた広瀬選手がしっかり決めて5ー0。学校お泊まり会を我慢して試合に備えた浅井選手。思いの強さがプレーに表れてましたね。その後も交代出場した沢口選手と後藤選手のコンビネーションからゴール迫ったり、久米選手の味方と連動した動きなど、トレーニングしたことを試合で発揮しようとする姿は、指導者として最も嬉しいことです。全少全道大会のメンバーに選ばれなかったけど練習・試合休まずきましたね。力つけてます。試合はこのまま5ー0で終了。全員が積極的なプレーをし、見ていてとても楽しい試合でした。
道新旗・北電カップは6年生にとって外での最後の大会です。思いの強さがサッカーの技量を凌駕する大会です。藤村選手が取られたボールをスライディングして取り返す様に代表されるように、みんなのかける思いを強く感じました。明日も熱く燃えましょう。
保護者の皆さん、暑いなか応援ありがとうございました。明日も、子どもたちの6年間の思いが詰まった試合が続きます。応援よろしくお願いします。


記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(1) | 【20:21】
コメント
決勝戦、お疲れさまでした。

とても残念ですが、みんな一生懸命頑張っていましたね!
負けた子供達を見ていると本当に涙が出ます

そこで、ひとつ提案なんですが、勝利の喜びが無いまま終わるのは子供たちが可愛そうなので、ローカル大会ではありますが「士別カップ」が8月5・6・7日に有りますので、参加してみてはいかがでしょうか。

子供達、監督・コーチ、親御さん皆のために何でもいいとは思いませんが、サッカーで最後に「優勝」を!
【2011/07/10 18:18】 URL | hi!papa #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ