第18回南空知少年サッカー選手権大会 V2

2011.11.04
 南空知ふるさと市町村圏組合が主催するサッカー大会が11月3日(金)に「美唄市総合体育館」で開催されました。今年は4年生のフットサル大会として開催され4市・4町の8チームが参加し、4チームによる予選リーグ・順位戦によりおこなわれました。5年生フットサルで開催された昨年度「くりやまFC」は栗山町・由仁町の2チームの参加で栗山町として優勝しました。今年は1チームの参加で予選リーグ3試合・決勝戦・練習試合2試合のハードな日程を消化しましたが、選手は祝勝会でも元気いっぱいで他のお客さんにご迷惑をかけたようでした。
 今大会GK蒼輔・健瑠の欠場で11名のメンバー参加、中川コーチ・桜井コーチは仕事の都合で帯同できず、監督のみの帯同となりました。(キッズ・1年生・5年生・6年生の各大会・TGに各コーチの対応となりかなりハードな日程となってしまいました。)
 くりやまFCの成績は予選リーグ無失点で1位、練習試合2試合をこなし決勝戦は岩見沢中央SCとの対戦となりました。夏のU-10空知予選では1-0と辛勝したチームであり苦戦(勝てないかも)は予想していましたが、結果はPK戦により勝利し優勝はしたものの予想通りの展開となりました。ただ、リードされている状況・選手交代もままならない状況でもベンチの選手から「ナイスシュート・ドンマイドンマイ」ピッチ内の選手への声かけが続きチーム一体となっていました(日頃の成果です。)
【決勝戦選評】スタートメンバーは両チームとも日頃トレセンメンバーとして練習している仲間的存在です。開始1分結大がパスカットからボールを運び見事な先制点を決めるものの中央に立て続き得点(2点目はGKの頭越しのループシュート(見事))され逆転1対2で前半を終える。後半高さに強い太文をGKとして交替するも開始1分2点もと同じ角度からループシュウトを決められ1対3と勝敗が決まったかと思いきやくりやまFCのスイッチが入り猛攻が始まりました。3分・5分と哉大の連続ゴール(本人談:死ぬかと思ったぐらいきつかった(覚醒した哉大を今シーズン初めて見ることができました))。その後一進一退の攻防が続き会場内も決勝戦らしい雰囲気となってきました。全後半を終え3対3となり10分間(全後半5分)の延長戦突入となり、引き続き攻防が繰り返され両チーム無得点のまま延長終了となりPK戦となりました。くりやまFCの順番を決めるとき心臓が止まりそうな勇祐を1人選手が多いことからベンチに残し、10人のうち7人目まで順番を決めピッチに送り出しました。
 くりやまFC1番目キャブテン結大は冷静に決め中央1番目をはじめてのPK戦GKとなった太文が好セーブかと思いきや詳しくルールを教えていなかった(先月チーム加入)ことから1歩踏み出してしまい再度PKを決められ3番目陸歩がGKのストップをはじく強烈なシュートを決め、中央3番目を太文が見事ストップ。5番目大和が決めれば勝利でしたが惜しくもポストにはじかれ(円形ポストだと入っていたのかな!)7番目となりました。8番目は決めていなく考えている中、太文が見事初のPKを決め中央7番目をストップしくりやまFCの優勝となりました。
※帯同できませんでしたがコーチ陣の育成の成果が間違いなく出てきています。ご苦労様!!
 応援の保護者の皆様ありがとうございました!
試合結果
 予選リーグ  VS 南幌  10対0(前半5対0)
  【得点】前半 ②結大③陸斗④哉大⑦結大⑧怜大
      後半 ①翔④結大⑥大和⑧陸歩⑨哉大
 予選リーグ  VS 月形  11対0(前半6対0)
  【得点】前半 ①哉大②陸斗③結大④哉大⑦結大⑨太文
      後半 ③祥真④祥真⑤陸歩⑨結大
         1点哉大治療中不明
 予選リーグ  VS 長沼  7対0 (前半5対0)
  【得点】前半 ①哉大②陸斗⑥結大⑧結大⑨紫苑
      後半 ①太文④太文
 決勝戦 VS中央 3対3 前半1-2 後半2-1 延長0-0 PK6-5 
  【得点】前半 ①結大
      後半 ②哉大⑤哉大
      PK くりやま結大○哉大○陸歩○陸斗○大和×怜大○太文○
        中央 ①○②○③×④○⑤○⑥○⑦×
 ※ほとんど選手が得点することができ、誰一人ピッチ上で休むことなく試合に望んでいました。ベンチでもすべての時間集中をとぎらすこともなく声を出し、オフザピッチも1日集中し望んでいました(素晴らしかったです。)。その分祝勝会出は弾けたみたいです(仕方ないか!(ご褒美です!))。   
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【13:15】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ