バーモント空知予選二日目

2011.11.09
五十嵐です。バーモントカップ空知地区予選二日目の結果についてお知らせします。

VS 三笠 ○3-2(得点者 広瀬1,白井1,藤沢1)

出だしから攻め込むくりやま。守備のプレスが効果的で、失ったボールもすぐに取り返す。シュートも打つが相手GKの好守やシュートコースが甘くゴールが決まらない。嫌な感じ。4分、低いミドルシュートがゴール左隅に決まる。良い流れのうちに得点しないと相手の逆襲に遭うのは、サッカーではよくあること。たぶんこれが相手のファーストシュートで、攻める時間が長くGKの準備が遅れた感あり。GKは常に準備を。その後も攻め続けるが、0-1のまま前半終了。後半も決定的なチャンスを何度も迎えるが決めきれない。9分、ついにゴールをこじ開ける。ゴール前で藤沢→広瀬とパスが渡りGKの鼻先でシュート。リードされていても前を焦らずに攻撃し続けたところは、志文戦から変わったところ。更に1分後、白井が左からニア上隅に鮮やかなシュート決め逆転(2-1)。これで流れをつかんだかに見えたが、11分、FKを直接決められ同点。そのまま後半戦終了(2-2)で延長戦へ。延長前半2分、相手バックパスから間接FKを得る。藤沢が狙い澄ましてゴールネット揺らし再び勝ち越し(3-2)。第2PKや相手の執念の攻撃もGKの好守と粘り強い守備で守りきり、道央ブロックへの出場権を獲得。

VS 南幌 ○4-3(得点者 広瀬3、藤沢1)

道央ブロックへの出場を決め少しリラックスしたのか、円陣でちょっと面白いことをし出した選手達。南幌は大きな選手が多く、どこからでもシュートをねらってくるチーム。開始30秒、藤沢→広瀬とパスがつながり、広瀬右足で決め先制(1-0)。しかし、2分相手陣地でパスカットされカウンターを受ける。シュート決められ同点(1-1)。さらに4分、再びパスカットからゴール前でDFかわされ逆転を許す(1-2)。直後、キックインから崩して広瀬が決めて2-2。その後は再三相手キックインからのミドル・ロングシュートにさらされるが、落ち着いて対応して前半終了。後半2分、GK・FPとフル回転の羽山から藤沢にボールが渡り再び勝ち越し(3-2)。しかし、3分、またまたパスカットからまたまたズドンと決められまたまた同点。ビッグチャンスを確実に決める決定力の高さは見事です。4分、田中→広瀬とパスがつながり、広瀬DFをかわしてゴールゲット。終了間際は、パワープレー的な攻撃を仕掛けてくる相手に対して粘り強く守り、取って取られてのシーソーゲームを制し決勝進出。

VS 長沼 ●1-2 (得点者 田中)

決勝の相手は長沼。GKもFPも非常にレベルの高いチーム。開始直後、立て続けにシュートまで持って行くもゴールならず。守備も集中してビッグチャンスを作らせない。均衡が破れたのは5分、相手中央からのシュートがDFに当たりコースが変わってゴールへ。少しアンラッキーな形で先制点を許す(0-1)。更に9分、右サイドからのシュートのこぼれ球を押し込まれる(0-2)。そのまま前半を折り返す。意地を見せたい後半、オフの選手がリスクを冒してもアクションを起こすことを指示。6分、田中がパスカットからGKと1対1となり、落ち着いてゴール左に流し込み1点を返す(1-2)。12分ハーフの3試合目で、両チームとも疲労の色が濃くなるなか、くりやまの選手はあきらめずにゴールへ向かう。しかしながら、相手GKのファインセーブもあり追いつくことができず試合終了。2連覇ならず準優勝で大会を終えた。

応援の保護者のみなさん、二日間ありがとうございました。道央ブロック予選での選手達の活躍に期待してください。
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【07:07】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ