澤選手が女子世界最優秀選手に!

2012.01.10
ビックニュース!驚きました!日本には関係のない、縁の無い賞だと思っていました!

おめでとうございます。

澤選手の活躍が世界中に認められ国際サッカー連盟の女子世界最優秀選手に選ばれました。
そして、そして、なでしこジャパンの佐々木則夫監督がFIFA女子最優秀監督賞受賞。
なんて素晴らしいことでしょう。

3.4年前に出版した澤選手の著書「ほまれ~なでしこジャパン・エースのあゆみ」には、こんなことが書かれていました。やっぱすごい人だなぁ~って感じました。


6歳でサッカーを始めてから20年以上もの月日が経ち、

私もまもなく30歳(今は33歳?)になろうとしている。

人生のほとんどの時間を自分の大好きなサッカーとともに歩んできた。

執筆するにあたり、自分の人生をあらためて、一つひとつ振り返ることになった。

もちろん、楽しいこと、嬉しいことはたくさんあった。

しかし、

同じように悲しいこと、悔しいこともたくさんあったというのを思い出した。

でも、自分の人生のために無駄なことはなにひとつなかった。

マイナスと思えるようなことも、

それをプラスに変えられるように努力をしていけば、

自分の人生にとってそれがあって良かったと思えることにつながるのではないだろうか。

すべての経験があって、今の自分があるのだから。

そしてもう一つ。

家族、スタッフ、チームメイト、友人、サポーターなど、

これまで自分が周りの人にいかに恵まれ、支えられてきたかということを

あらためて感じることができた。

そうした人たちの支えや教えがあったからこそ、乗り越えられたものも多かったはずだ。

好きなサッカーを今に至るまで続けられているのも、みんなのおかげ。

心から「ありがとう」と言いたい。

日本代表として日の丸を背負って今年で15年目(※今は19年目)になる。

しかし、そこに指定席があると思ったことなんて一度もない。

いつも全力を尽くし、どんな試合でも緊張する。

何度も世界と戦ってきたが、そのたびに感じるのは“上には上がいる”ということだ。

だから私は一度も満足したことがないし、

一生満足することなんてないのかもしれない。

目の前に壁が立ちはだかっているのは、自分の成長のために大切なことだ。

それはこれからも変わらない。

いつか世界の頂点に立つ日、その夢の実現までには、まだまだ長い道のりが続くだろう。

今はまだ、その通過点だ。


座右の銘「夢は見るものではなく叶えるもの」
記事URL | トピックス | トラックバック(-) | コメント(0) | 【20:23】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ