オオムラサキ(新人の部)決勝リーグ(くりやまFC優勝)

2012.02.03
新人の部決勝リーグは、参加チームの関係から栗山小学校体育館(例年スポーツセンター)会場となりました。くりやまFCは丸山コーチが引率できなくなったことから、会場担当の生田コーチに采配をお願いしました。百選練磨の生田コーチです。きっと何か結果を出してもらえる期待でいましたが、優勝へと導いていただきありがとうございました(すばらしいいい!!!)。以下生田コーチのレポートで報告させてもらいます。また、保護者の皆様2日間の声援・お手伝いありがとうございました。
□ 決勝リーグ
 第1試合 VS フォーザ 3-0(前半1-0)
  得点 前半 ひろむ1点 後半 れいや1点、ひろむ1点
 ・前半すぐに ひろむ が積極的にシュートをうち、開始1分でゴールへ・・・・。しかし、あまりにも速いボールだったため、ゴールに入ったかどうか分からず、そのままノーゴールの判定。しばらく一進一退が続いたが、今度は確実に ひろむ が決め、先制点。前半は1対0で折り返す。後半 れいや が点をとると、みんな落ち着きを取り戻し、みんな落ち着きを取り戻し、リズムが出てきた。点差は3点ついたが、ぎりぎりの試合内容であった。
 第2試合 VS 芦別 2-1(前半2-0)
  得点 前半 ひろむ2点
 ・前の試合から流れでいい雰囲気で入れた。ひろむ のドリブルで、相手の陣形を下げさせ、全体的に攻撃的であった。途中から交替した そにい・けんた・たくと も果敢にボールを奪いにいき、プレッシャーを駆け続けた。キーパーの かんた も冷静に対応し、1失点でおえることができ、しっかりと守りきった試合となった。
 第3試合 VS GBB 2-1(前半1-1)
  得点 前半 りく1点、後半 ひろむ1点)
 ・GBBとは勝点で並び、引分では1位になれない崖っぷちの状態。相手のパスワークがよく、なかなかボールが奪えない立ち上がり。ずっと耐えてはいたが、相手選手のシュートディフェンダーにあたりオウンゴールで失点。しかし、選手みんな慌てることもなく けんた(こたけん)のパスやドリブルからリズムをつくり、少しずつ攻勢に。ひろむ から りく へのパスがきれいにきまり同点においつく。ともな を出すと、さらに攻撃的となる。後半 ひろむ が得点し逃げ切る。決勝リーグを1位で通過した。

□ 決勝戦  VS 愛宕 2-1(前半1-1)
  得点 前半 ひろむ、後半 ひろむ
 ・強豪チームの愛宕戦(昨年度のU-10北北海道大会では優勝候補チーム、激戦の末くりやまFCが勝利したものも、今年のU-10ではリベンジされてしまいました。)。全員で円陣を組み心をひとつにして臨んだ。前半は相手の勢いに押され、シュートを打たれるもキーパー はやと がファインセーブを連発する。残念ながら耐え切れず失点をするが、その後は冷静に試合を進める。徐々にボールキープ率が上がり、相手ゴールに迫る。ひろむ の得点で同点に、疲れが見え始めた りく に替えて ゆうや ひろや を入れて攻撃の手を緩めなかった。後も けんた(こたけん) れいや に替えて ともな かんた を入れて高い位置でボールを奪っていった。後半 ひろむ が勝ち越し点を奪うと、りく けんた(こたけん) れいや を入れてそのままタイムアップ。きわどい試合を勝ちきり優勝することができた。
  最優秀選手賞 はやと (おめでとう!!!)
  優秀選手賞  ひろむ (おめでとう!!!)

「今回は、選手の戦力がわからないまま采配してしまい、子ども達に迷惑をかけてしまいました。会場運営もしていたため、ほとんどミーティングができず、選手も不安だったことと思います。でも、選手の頑張りで優勝をもらえたので、最高に嬉しいです。5年生のみなさん、優勝おめでとうございます。
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【10:44】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ