トヨタカップ1日目

2012.09.15
rps20120915_211230.jpg

マルヤマです。
今日は、6年生のトヨタカップ、4.5年生のチビリン大会と2つの大会にくりやまFCとして挑みました。
私はトヨタカップに行きましたのでその結果報告を。
おそらく6年生最後の大会であろう外の大会。6年生13人が力を合わせ力一杯戦って欲しかったのですが、1名高熱、2名怪我、更に11人制大会初めてという何とも不安要素たっぷりのなか第一試合スタート。

第1試合 VS芽室●0-1(0-1.0-0)
道東の雄芽室。毎年、判断がよく足元の技術が高いチーム。
11人制の大会が始めての選手ばかりで、広くピッチを使えなく、ごちゃごちゃと中央に固まる固まる。
横に一本通せば楽に前を向けるのだが、そんな余裕も無く前にドリ、前にパスばかり。
落ちつかず、バタバタしているうちに時間が過ぎ、前半12分に相手のシュートをGKがファンブルし、そこを詰められ失点。その後もバダバタして前半終了。
後半も、スペースを有効に使うためワイドに展開することを意識して攻めようと確認し後半スタート。
しかし残念ながら後半もバタバタでした。

第2試合 VS沼ノ端△1-1(0-1、1-0)得点者:坂本
2試合目なのかかなりスムーズにボールが回り、想像以上にゴールに迫るくりやまFC。
3分に辻選手から加藤選手にスルーパスが通りシュートを打つが枠の外。GK広瀬選手が「ちゃんと枠を~」と叫ぶ。
続けて加藤選手、田縁選手、北原選手、辻選手といい形でシュートを打つが決まらず。GK広瀬選手が「決めるとこと決めよ~」と叫ぶ。
こんな展開のときは、やられるよねと片岡コーチと話していると嫌な予感が的中。
前半終了間際に沼ノ端のカウンター一閃。やられました。
ハーフタイムに取られたものは仕方ない、切り替えて運動量を落とさずサイドから崩していこうと話し後半スタート。
後半は、沼ノ端がくりやまの攻撃のリズムに馴れてしまいなかなか前に進めず逆に苦しい時間が続く。リズムを変えるため怪我をしている小谷選手と村松選手を交代。少しづつ交代して入った小谷選手の影響で流れがくりやまに傾きかけてきた。加藤選手のスルーパスから辻選手が抜けシュートを打つがギリギリ枠を外れてしまった。しかしあきらめずゴールに向かう。後半12分、北原選手のパスに反応した坂本選手が待望の同点ゴールを決めた。残りの時間攻め続けたが堅守を破れず引分け。

第3試合 VS WINGS○1-0(0-0、1-0)得点者:辻
第一試合で戦った芽室を3-0で破ったWINGS。くりやまに勝てば1位突破が決まる試合。くりやまは勝っても1位の望みが無い。。。どうモチベーションを上げようか。。。。う~ん。試合前ちょっと悩みました。
WINGSは運動量があり何よりもボールへの集中力が素晴らしい。ぜんぜん競り合いも勝てずルーズボールも拾えない。ただただディフェンスべた引きでDFとGKでなんとか前半をしのぎました。
ハーフタイムに選手達は疲れている目をしていたので細かい戦術は言わず「このまま頑張れば必ず流れはくりやまにくる。その波が来たときは思いっきり仕掛けろ、ミスを恐れるな」とありきたりな指示を。。。。。
後半は中盤の競り合いがちょっとやられていたので、ボランチを一枚増やすとこれが功を奏し、ショートカウンターがチラホラでるようになってきた。すると加藤選手のシュートがバーに当たるなど惜しい場面も。
そして終了30秒前にサッカーの神様はくりやまFCを見捨てませんでした。加藤選手が相手を引き付け青木選手にパス、青木選手がシュートを打つがGKに防がれる。。ボールがこの3試合目というのに運動量が落ちない辻選手の前に転がってきた。右足を振り抜くとゴールにズバンッ!今大会初めて先制点をあげました。悲鳴?歓声を上げる保護者の皆さん!(笑)

結果は、1勝1負1引分けで3位。ちょっと残念ですが、明日は3試合目のパフォーマンスと気迫を持って試合を頑張りましょう!


■3位トーナメント 11:00 VS早来 (9:00集合:スポセン) 場所:早来はだしの広場
勝ち続ければ3試合、負ければ2試合です。少しでも長くこのメンバーで試合を嶋しましょうね。

最後になりましたが保護者の皆さん応援ありがとうございました。三試合目は保護者の皆さんの気迫が選手たちに乗り移ったかのように頑張ってくれました。明日もよろしくお願いします。
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【21:06】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ