全少空知予選2日目

2013.05.14
中川です。
遅くなりましたが、全少空知予選2日目の結果です。

1回戦:日の出
初戦の相手は中盤に良い選手のいる、日の出。
試合開始から主導権を握ると、2点を奪い優位に進める。
このまま3点目を狙うと、相手GKの長距離のFKのこぼれ球を詰められ失点。
後半は、ロングボール・カウンターで同点を狙う日の出にピンチを作られるもそのまま試合終了。
なんとか勝利した。

準決勝:サンク
ここで勝てば道央ブロックが決まる、そして栗山ダービー!
サンクの選手は整列の時から声をかけ気合を入れ、両チーム保護者は選手入場から大声援の素晴らしい雰囲気。
このゲームのテーマは泥臭さ。
相手の気迫に負けないようにプレーするようにミーティングをしてスタートすると、全員が激しく守備を行いマイボールの時間を長くしていく。
攻撃では2トップの三上のポストプレーと藤村のドリブルで決定機を演出すると、5年生伊藤が倒されPKを獲得。羽山が豪快に決めて先制点。
今までは先制すると勝手に落ち着く事が多かったのだが、積極的にゴールを狙い続けると藤村のミドルシュートで追加点。
後半開始からは少し運動量が落ちゲームが落ち着いたが、後半途中にスルーパスを受けたつばさが1対1を決めて3点目。終了直前には羽山と藤村のワンツーからゴールを奪い試合終了。
気持ちの見えた好ゲームで道央ブロックを決めた。

決勝:志文
決勝は地区ナンバー1の志文とのゲーム。
しかし、試合前から集中力が散漫なようで嫌な感じをしながら試合開始。
お互いに道央ブロックを決めたゲームの後のため、両チームともスロースタートの感じ。
最初に掴んだチャンスはくりやま。
相手DFラインからボールを奪い、ゴールを狙うも堅い守備に防がれる。
なかなかペースのあがらないくりやまに対し徐々に良くなってきた志文。
ゴール前でのポジションミスから簡単に失点。
後半フレッシュなメンバーに変えながら逆転を狙うも追加点を奪われそのまま試合終了。
悔しい悔しい、準優勝に終わった。

当たり前ですが、良い時間・悪い時間があり、終わってみたら良いゲーム・悪いゲームがあると思います。
特に決勝では体力的に苦しい中、悪い時間を良い時間に変えるような行動が必要だったと反省です。
誰かがではなく、1人1人がやる強さを身につけていきましょうね!

今週は道央ブロック予選ですので、全道目指してまたがんばりましょう!



記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【13:00】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ