全少道央ブロック2日目

2013.05.21
中川です。
道央ブロック2日目の結果です。
2週にわたり、空知予選・道央予選だったで少々疲れたためブログが遅くなりました。
(本当は疲れていたのではなく、書こうと思っていて書いてなかっただけです・・・笑)

予選リーグ最終戦 vs余市

引き分け以上で全道が決まる試合でしたが、そんな事を考えるのではなく、苦しい思いをして良いプレーをして勝とうとミーティング。
試合開始から動きも良く、丁寧にパスをつなぎながら攻撃を仕掛ける。
失った後の切り替えも良くくりやまペースで試合を進めると、右足でたくさんシュートを打って入ってなかった藤村が左足で先制点。前半終了間際にも藤村が追加点を奪い2-0で前半終了。
後半も良いプレーが続き、4分に羽山がゴールを奪い追加点。
その後、途中出場の三上が素晴らしいターンから決定的なシュートを放つも惜しくも枠外、また坂口、本多のスピードあふれる突破でチャンスを作るもノーゴール。
後半13分に相手のFKにより失点するも、GK名内を中心に、林、見立、ゆなのDFラインが粘り強く対応し試合終了。全道大会出場を決めた!

第1代表決定戦 vs志文

空知予選でかなり厳しい内容で負けた志文との再戦。
先週の反省を活かして、周りの環境ではなく「自分たちがサッカーをする」事をテーマとし、合間の過ごし方も考え試合開始。
ゲームは序盤から志文の積極的なプレーに若干押され気味。
くりやまも徐々にリズムを掴みシュートを放つもゴールが遠い。
するとCKを決められて、失点。
先週はここでテンションが下がりずるずる時間を過ごしてしまった選手たちでしたが、今日はベンチの選手もみんなも含めて雰囲気を作り始めました。
失点を気にすることなくまたプレーを続け、そのまま前半終了。
ハーフタイム、「自分に自信を持つこと」「攻撃の関わり方」を確認して後半開始。
前半若干弱気だったサイドバックの選手が勇気を持ってボールを奪いに行き始めると徐々にボールを保持する時間が増える。しかし、奪った後のプレーがまだまだでゴールは遠い。
相手の鋭いカウンターから何度かピンチを迎え、くりやまも数少ない決定機を決める事が出来ず試合終了。
リベンジならず・・・涙して戻ってくる選手たち。

本当に悔しいですが、空知予選の時は普通に負けたって感じでベンチに戻ってきた選手たちでしたが、今回は自分たちでサッカーを出来た事に大きな成長を感じました。
今回だけでなく普段から身につけていきたいなと思います。

さあて、次は全道大会です。
まだ1カ月あります!あと、1カ月しかありません!!!
1日、1時間、1分、1秒、時間を大切に出来る事を一生懸命やって全道で頑張っていきましょう!!

保護者の皆さん、会場の千歳地区の皆さんありがとうございました。


記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【15:34】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ