バーモントカップ空知予選

2013.10.07
中川です。
バーモントカップ空知予選決勝トーナメントの結果です。

1回戦 南幌

勝てば道央ブロック予選進出決定となる、重要なゲーム。
会場の雰囲気も昨日とは違いピリピリしていて、選手たちも微妙に緊張している様子。

お互いに集中した立ち上がりで激しい攻守の中、5分藤村のシュートのこぼれ球を羽山が豪快に突き刺して先制。
しかし、1分後に失点し同点に。
相手はしっかりと下がってブロックを作り守備をしていたので、崩しづらいかな?と思っていましたが、30秒後に土門が最後尾からドリブルで切り裂き2対1。
その後、藤村・高野瀬が追加点を奪い4対1で折り返す。
テンションが上がってきて良いプレーが出始めると後半1分、2分に羽山、藤村がゴールを奪い試合を優位に進める。
ここで相手はGKを交代し、パワープレーに。
選手たちは当然戸惑い、攻守ともに判断が鈍ってしまうと、後半3分、4分に連続失点。
しかし、GK名内を中心にしのぎ切り6対3で勝利。
道央ブロック進出を決めた。

準決勝 幌向

続くゲームは幌向。道央ブロックを決めた後のゲームでモチベーションの低下が心配されたが、攻守にスリリングなゲームとなる。
また、相手にはスーパーなエースがいるので、その対応がカギとなる。
試合開始から、相手のエースにヒヤヒヤされながらも栗山もうちらしいプレーが増えてくる。
しかし、4分に先制される・・・。その後もお互いチャンスをつかみながらもGKの攻守に阻まれゴールが生まれない中、9分土門が右サイドを突破し同点ゴール。一気に盛り上がると10分にまたしても土門が中央を突破し逆転。リードのままハーフタイムに入りたかったがセットプレーから追いつかれる。

後半も、白熱した展開の中、FKを決めて勝ち越し、その後またしても土門がドリブルシュートを決めハトトリック!!!
試合が決まるかと思ったがまたしても失点し苦しいゲームとなるも、昨日からゴールが入りそうで入らなかった本多が試合を決めるゴールを突き刺し試合終了!


決勝 FC志文

今年何回目?という志文との決勝。何度も悔しい思いをしている強豪です。
フィジカルに優れた選手を抑えれるかを意識してゲームに臨みましたが、リスクを意識しすぎるあまり受けてしまう展開になると、前半3分に相手シュートがDFに当たって失点。少しずつペースを握ろうとするもやはりカウンターを警戒して、最後のシュートの所が軽くゴールの雰囲気が少ない。
そこで、ハードな守備が魅力の今井が入りアグレッシブに奪いにいき、決定機を迎えるもゴールを奪えないまま前半終了。
ハーフタイム、相手の土俵で試合をしてしまった事を反省し、全員で会場にいる多くのお客さんが盛り上がるゲームをしよう、とミーティングし後半開始。

やっといつも通りの動きが戻ってきて徐々にペースを握る。相手のするどいカウンターに対しても、渡邉、土門が体を張って凌ぐと、後半7分。
初戦の美唄戦のように土門からの浮き球のボールが羽山に渡り、胸トラップからのボレーシュートを突き刺しついに同点。
勢いづくと1分後、負傷をおして出場した坂本と交代していた高野瀬がスルーパスを受けスライディングでゴールに流し込み逆転に成功する。(実は交代選手を考えているとき、五十嵐コーチがしおん点取りそうじゃない?と言っていました。笑)
直後には、あまり得意でない守備にしっかり取り組んだ藤村が、持ち味である右足を一閃しゲームを決め試合終了、優勝!!!


今大会もどの試合も厳しいゲームができ、すごく成長したと思います。
その中で、出来ないこともあるけど、出来ることをしっかりと全員が貢献した大会だったと思います。

1か月後の道央ブロック予選も代表としてしっかりプレーして全道大会の出場権を勝ち取りましょう!


保護者の皆様、温かい応援、ケガなどアクシデントの時の対応、片付けなど本当にありがとうございました。
記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【08:55】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ