全道フットサル選手権(U-12の部)空知地区予選優勝

2013.12.16
12月14日(土)・15日(日)の2日間天候が気になるなか「美唄市総合体育館」で「全道フットサル選手権(U-12の部)空知地区予選大会」が開催されました。バーモント全道大会では優勝チームに勝利しながら予選リーグ敗退から日もなく迎えた今大会ですが、予選リーグでは難敵「中央」と同一リーグとなり大会開始。案の定1位突破とならず決勝トーナメント1回戦はこの年代がしのぎを削ってきたFC志文との対戦となってしまいました。12分ハーフの後半11分土門の切り崩しから自らのシュートが決まりましたが、予選リーグ中央戦でその後10秒後に同点を許し厳しい大会となったことを、選手は自ら判断しコート内・ベンチからの声の掛け合いから同点を許さず2回戦へ進出することができました。ライバルチームの存在が結果としてチーム力向上につながったと思います。最近ピンクのジャージを纏っているK監督ありがとうございました。(高校時代の笑顔(にやけ?)が今でも脳裏を離れません(私は社会人))
この年代チームのすばらしさは目標としていた「U-10北北海道大会(チーム2回目)」・「U-11チビリンピック(チーム8回目)・全日少(チーム5回目)・道新スポーツ旗(チーム4回目)・バーモント(チーム3回目)・全道フットサル(チーム4回目)(他全道4回)とすべての大会で全道へ出場(空知としてのグランドスラム)を達成し多くの強豪チームと対戦することができたことです。チームとしても30周年で30回の全道大会出場と大きな当初目標の達成に貢献してくれたことです。ありがとう!!(できれば優勝なんか最高ですね)
まだ日程もありますもで、中学校進学の準備(勉強・制服)を進めながら、頑張りましょう。
記事URL | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(0) | 【14:08】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ