全道フットサル空知予選

2013.12.16
中川です。
すでに結果はアップされていますが、2日目についてです。

1回戦 FC志文

今年何度も熱戦を繰り広げた志文との一回戦。
開始早々は志文にチャンスがあったがしっかりと対応すると、少しずつボールを持つ時間が増え主導権を握る。
今までよりも落ち着いてプレー出来ていたが、ゴール前に入り込めずにミドルシュートが多くなり少々ゴールが遠いまま前半終了。
ミーティングで、ゴールを奪うためにもう少しリスクを冒して攻撃することを確認。
前半よりも良いペースで徐々にゴールに迫る。
相手の攻撃も羽山、土門の対応が良く相手コートでゲームを進めることが出来るように。
しかしゴールは遠くPK戦も頭をよぎった11分、土門が中央をドリブルで割ってそのまま左足でシュートを打ちついに均衡を破る!
長いロスタイムをしっかり過ごし試合終了。
24分間があっという間の素晴らしいゲームでした。

準決勝 三笠FC

ハードな初戦の後、メンタル・体力的に難しいゲームが予想された試合。
序盤は相手の勢いに押し込まれ、また少々集中力を欠くプレーもあり苦しいゲームに。
この重苦しい流れを5分に右サイドからのボールを坂本が決めて先制。
徐々に良いプレーが増えると9分に藤村のゴール!
ハーフタイム、チームの課題の3点差を意識して後半に臨む。
しかし、30秒で失点・・・笑
全道のように連続失点かと思いましたが、30秒後に藤村が豪快に突き刺し3対1。
このまま優位に進めると、11分にはつばさが角度の無い所から突き刺しついに3点差。
終了間際にロングシュートを決められるもそのまま試合終了。

決勝 中央

予選リーグで引き分けた中央戦。
前日はうまく中央にやられたゲームだったので、なんとか勝ちたいと高いテンションでゲームに臨む。
すると1分に藤村が先制。
2分には右サイドからしっかり崩して坂本が追加点。
理想的な展開に3点目の期待がかかるもペースダウンし、そのまま前半終了。
ハーフタイムはいつも通りほぼ選手だけのミーティング。
みんなが喋りまくっていてスタッフはやることなし。笑
けどこの成長した姿を見て、行ける気がしました!
後半3分、全道がかかったゲームでは絶対に点を取るキャプテン羽山が左足で突き刺し3対0。
しかし直後に失点。やっぱり決勝は簡単ではないなと。
ピリピリしたゲームの中、7分に伊藤のヒールキックからGKと1対1となった羽山が決め追加点で4対1
3分後にまた失点で2点差となるもゴールを奪い、ラスト2分で相手の強烈なシュートで2点差になるも、坂口、ゆなが前線でハードに守備をしそのまま試合終了。


いつも言っていますが、みんなが成長できるのはいつも相手をしてくれるチーム・選手のおかげです。
また悪天候の中送迎をしてくれ、応援してくれる保護者のおかげです。
また、大会運営に関わっている多くの方々のおかげです。


先日、ある選手のサッカーノートにこのように書かれていました。


なんで今まで思いっきりサッカーやれることがすごいことだと気付かなかったのだろう。
父さん母さんをはじめ支えてくれている人がたくさんいることになぜ気づかなかったんだろ。
残り少ない小学校のサッカー、もっと頑張って出来る限りの恩返しをしたいです!!




しっかり成長して全道頑張りましょう!!!!

記事URL | 試合結果 | トラックバック(-) | コメント(0) | 【21:40】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ