【2年】第14回鹿島道路杯ちびっ子サッカーフェステバル

2015.08.10
8月1日・2日に石狩市花川南小学校で開催された、第14回鹿島道路杯ちびっ子サッカーフェステバルの結果をお知らせします。

【予選リーグ】
第1試合
VS N-JSC滝川
○ 7-1

強豪ぞろいの予選ブロックで大事な初戦。
積極的にボールを奪いゴールへ運ぶこと、点を取られないようにシュートを打たせないことを約束して試合に挑みました。
結果は全員が積極的にプレーでき、良いスタートになりました。

第2試合
VS 札幌ジュニア
△ 1-1

この試合に負けると1位通過は厳しくなる、過去にこの大会で優勝経験もある札幌ジュニアとの対戦。
前半からしっかりディフェンスも集中して、スコアレスの状態が続きます。
後半、先制を許すも最後まであきらめない気持ちが出ていました。
終了間際にいたるが同点弾を決め、試合終了。
とても緊張感のある試合で、全員出場し良い経験ができたゲームでした。

第3試合
VS 若葉ボンバーズ(石狩)
○ 5-1

この対戦時で3チームに1位の可能性がある、重要な試合で勝てば1位、負ければ3位。
翌日のトーナメントで強い相手と試合ができるかは、この試合で決まることを伝えました。
「絶対に勝ちたい」「優勝したい」と選手たちは話し、決勝戦ののような気持ちで挑むことができました。
前半、先制されましたが、あきらめずにすぐ同点とし、後半は勝ちたい気持ちが爆発したように得点し勝利。

予選リーグの結果は2勝1分で1位通過。翌日、優勝を決めるファイナルトーナメントに進むことになりました。
すべての試合で失点はしましたが、先制されてもあきらめない気持ちで、全員が積極的にプレーしていました。
強い相手、厳しい試合を経験することで、成長できた3試合でした。

この日、母親リレーがありくりやまFCのお母さんたちも頑張りました。
転倒者が続出する中、くりやまFCはしっかりとバトンをつなぎ、予選3位の結果でした。
選手たちも大きな声で、応援していました。
鹿島道路杯リレー

【ファイナルトーナメント】
強豪ぞろいの決勝トーナメントで最初の試合は空知対決、三笠FCとの試合でした。

第1試合
VS 三笠FC
0-0
○ PK 5-4

負ければ優勝はなくなるトーナメント戦で緊張していたのか、決定的な場面を何度もつくるも得点できず、時間が過ぎていく展開。
三笠FCの粘り強い守備を崩せずにいましたが、りくがこぼれ球をシュート。
ネットを揺らすもキーパーチャージの判定でノーゴール。3人PK戦となりました。
くりやまFCは1人PKをはずしましたが、GKしょうたが相手PKをセーブ。
延長PKまで進み、またもしょうたがセーブ。
最後はGK自ら決めて勝利!
全員がしょうたに抱きつき、勝利を喜びました。

準決勝
VS 旭川GBB
● 1-2

勝てば決勝に進める重要な試合。
PKの勝利で気持ちも高まっていました。
相手の早くて強いプレッシャーに耐えながら、りゅうせいがゴールを決め先制。
後半は何度も攻められるも、粘り強く耐えていました。
しかし、相手はフィジカル・テクニックとも上で2失点。
試合終了のホイッスルで、悔しさのあまり倒れこむ選手もいました。

悔しいですが相手の選手がまだまだ上手。
逆転負けで悔しい試合でしたが、負けることで悔しさを成長に変えることができると思います。

3位決定戦
VS 前田中央FC(札幌)
● 1-4
最多優勝経験で毎年、優勝候補の相手。
貴重な経験のできる試合に全員が挑むも、結果は敗戦。

決勝の結果は2-0で旭川GBBが優勝でした。
今大会ベスト4は素晴らしい結果。
選手たちはこの2日間でサッカー選手として、大きく成長しました。
PKでの勝利や逆転負けなど多くの試合を経験することで、「もっとうまくなりたい」と向上心がでてくると思います。
この、夏休みでどれだけ成長できるか期待しています。
この年代は成長しないと、どんどん取り残されてしまうので・・・

この2日間、選手の送迎や応援、母親リレーと保護者のみなさんには感謝いたします。
これからも選手たちは、より大きく成長してくれると思いますので、さらなる応援お願いします。
第14回鹿島道路杯


記事URL | お知らせ | トラックバック(-) | コメント(0) | 【07:30】
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
最近の記事
過去ログ