チャンピオンズリーグ決勝を観て

2008.05.23
菅原です。
昨日の早朝、チャンピオンズリーグ決勝を観て、興奮したので、ブログに記します。朝にホントに弱い自分が、4時前に起きて、眠気がとんでしまうほどのゲームでした。プレミアのチームは熱い!
日本では、「C.ロナウド」や、「ルーニー」「バラック」「ドログバ」といった、超一流どころに目がいきがちですが、あのゲームでは、マケレレやハーグリーブス、エインセ、テリーなどが実に素晴らしかった!確かにゴールを奪ったのはロナウドとランパードでしたが、彼ら以外が主役であり、延長まで戦い抜いたファイターではないかと思うのです。日本では、スポーツニュースや、深夜のサッカー番組で、ゴールシーンだけは観ることができるけれども、例えば、あのマンUとチェルシーのゲームを、選手が生で(札幌ドームとかで)観れたら、「やっぱりサッカーって戦いなんだ」とか、「ロナウドやルーニー、バラックだって失敗したり、消えてる時間ってあるんだ」とか、「オレはエインセみたいになりたい!」など、いろんなことを感じるんじゃないかな。試合のアクセントとして超一流の選手がいるけれども、彼らだけでは勝てない、ていう典型的なゲームだったと思います。ヨーロッパの子ども達は、本当にいい環境ですね。
まあ、そんなことを嘆いても仕方がないので、やはり、育成段階では、「ずっと使い続けるベーシックな技術」「考えて判断するクセ」をしつけとして行い、「その選手のキラキラした才能」をいかに我々指導者が見出し、伸ばしていくことが大切なのか、を感じさせられました。
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/722-3f2a8140
カテゴリー
最近の記事
過去ログ