U-10大会報告 6月29日(2日目)

2008.06.29
菅原です。
U-10大会の決勝トーナメントの様子を報告します。

準々決勝 VS三笠 2-2 PK4-2
いよいよ、一発勝負の決勝トーナメントに出場。TRMでも何度も対戦している三笠だったが、早い出足に苦しめられ、左サイドにスルーパスを通され、先制される。その後は、前日の不調が嘘のようによみがえった丹生谷、FWで起用の小野が素晴らしいプレーを見せるも、なかなかゴールが奪えない。
前半終了間際に3年生を投入し、局面の打開を図るも、逆に相手選手のロングボールが、バウンドした後にGK榎本の頭上を越え、2失点目。
ところが、ここからねばり強く競り合い、ルーズボールを奪い始める。DF中川のインターセプトから左に展開し、この試合では左サイドでプレーしていた藤澤が、DFを右アウトサイドのタッチでかわしてゴール!ついに2-1へと追い上げる。そしてその後、右サイドの藤村からのCKからのボールを、今大会無得点だった奥河がひざでおしこみ同点!!この時点でラスト5分。その後押し込むも、得点に至らず、PK戦へと勝負は持ち込みになった。
初めてのPK戦に選手は緊張気味。順番は、挙手させ、立候補で決定した。
?審判の笛が鳴ったら深呼吸?助走は後ろに下がって長めにとること
の2点を「おまじない」として選手に伝えるも、全く気にせず1人目の奥河がゴール!2人目の中川、3人目の藤村、4人目の加藤と、全員が、堂々と決め、相手選手2名が外したため、4-2でベスト4に進出した。

準決勝 VS FC志文 0-3
準決勝の試合前に、ここまで緊張しながらも奮闘してきたGK榎本が、足を負傷。急遽GKをDFの要、吉川に交代した。相手は、スピード溢れる攻撃で、激戦Cブロックを1位で勝ち上がってきたFC志文。ここで勝てば全道大会が決定だったのだが、あっという間に左サイドを突破され、失点を許してしまう。FW藤村の強引な左足シュートからペースをつかみ、藤澤が決定的な場面でボレーを放つも、これはポスト直撃。前半は0-1で終える。リードを許したが、選手のファイトする姿勢は、今大会一番で、ボールに寄り、積極的に奪おうとしていた。
ハーフタイムでも選手の目は輝き、「絶対追いつける!」「全道に行く!」と張り切っていたが、基本的な止める・蹴る・運ぶの未熟さが目立ちはじめ、DF裏へのボールも競ることができず、逆に追加点を許してしまう。終了間際、DF田中を投入し、丹生谷を前線へあげるが、浮いたボールの処理でことごとくボールを拾われ、遂に全道への夢は絶たれた。選手の多くが大粒の涙を流し、悔しがっていた。

3位決定戦
VS上幌向 2-2
気持ちを入れ替えて臨んだ3位決定戦。あっという間に2点を先制されるが、DF上田が素晴らしい読みとカバーリングで防ぎ続け、追加点を許さない。0-2のまま時間は経過するも、徐々に押し込みはじめ、準々決勝でゴールを決めた奥河が右サイドをドリブル突破し、そのままゴール!2-1で前半を終える。
1点ビハインドのまま迎えた後半、またもや奥河が右サイドを突破。GKと接触しそうになるが、ギリギリのところでかわし、遂に同点ゴール!!
そのままタイムアップとなり、引き分け。3位で本大会を終えた。

大会終了後、選手に聞くと、「トレーニングが厳しくても、うまくなりたい、強くなりたい」ということでした。春からのトレーニングや、様々なトレーニングマッチの成果は感じられた大会でしたが、多くの課題が見つかったこともまた、事実です。日々のトレーニングで全力で取り組み、よりよい選手になっていってくれることを信じています。

来週は遂に道新旗!5・6年生ファイト


コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/732-01b1c872
カテゴリー
最近の記事
過去ログ