ユーロ終了!

2008.06.30
菅原です。ユーロ2008の決勝、早起きして観ました!いや~面白かったですねえ。
「いいサッカー」「観ていて面白いサッカー」と、「勝つサッカー」は、一致しないとよく言われます。自分達でボールを持ち、主導権を握るということは、リスクと隣り合わせであり、それよりは、相手コートに思いっきり蹴っとばした方が、失点は少なくてすみます。そういった意味で、今回も、ボールを動かしながらチャンスを探すスペインよりも、屈強で、大男揃いのドイツが結局は勝つんだろうなあ、と思ってました。自分としては、断然スペインのサッカーの方が好きなので、スペインに勝ってほしかったのですが・・・。
序盤はスペインのボール回しをドイツがパスカットし、ゴールに迫る場面が多かったのですが、前半の半ば過ぎから、スペインの小気味良いパス回しが輝き始めます。ボールの受け手が、良い角度でボールを受けていること、ボールが動いている間に別の選手がスペースに走り込んでいるので常にパスコース(選択肢)がたくさんある状況を作り出していること、が、ボールが動いている理由です。日本サッカーが目指していく方向性の、スーパーパワーアップバージョンを見せられているような感じでした。そして、FWのF.トーレス!1トップの彼が、190?を越える大男にヘディングで競り勝ち、裏へ抜け出し・・・と、素晴らしい動きをして、ゴールを奪いました。こんな狭いところにパスを通してどうするんだろう・・・と思って見ていたので、本当にびっくりしたゴールでした。
結局、1-0でスペインが勝利するのですが、時間が経過するにつれてスペインの輝きが増し、ドイツの動きが鈍っていたのが印象的でした。追っても追っても奪えないので、ドイツも疲れたのでしょう。ゲルマン魂をも上回るスペインサッカー。すごいです。自分自身の経験からもよくわかるんですが、攻めているとき、ボールを回している時、良いプレーができている時は楽しいから、走っても走っても、あまり疲労を感じないのですが、ボールを回されている時は、本当に疲れるんです。このまま15分でも20分でも戦えそうなほど、スペインの選手は生き生きとプレーしていました。
こういうサッカーを「楽しい」というのでしょうね。やっているスペインの選手が、一番楽しかったんじゃないかな。「楽しい」という字は、「楽(らく)」とも読めますが、スペインの選手は、楽して勝ったのではなく、走り回って、楽しくサッカーをしていました。サッカーは、GK以外、手でボールを扱えないスポーツなので、上達には非常に時間がかかるんですが、くりやまFCの選手にも、「楽しい!」と感じてもらえるように、技術をつけさせてあげたいなあ、と感じました。
ユーロは、ダイジェストではなく、じっくり巻き戻したりしながら、繰り返し観るのがオススメですね!
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/733-c7ef9daa
カテゴリー
最近の記事
過去ログ