トラック協会全道大会1日目

2008.10.11
菅原です。トラック協会杯全道大会初日の結果をお伝えします。

VS量徳(小樽代表)●0-1(0-1/0-0)
開会式直後の第1試合。会場はアップ禁止のため、ほとんど体を動かせない状態で試合開始。ものすごい強風の中、風下ということもあり、なかなかボールを前に運べない。奥河・臼杵が何度かドリブルで仕掛けるが、決定的なチャンスを作れない。大きく、蹴れる選手が数人いる量徳は、風上ということもあり、執拗に裏を狙い続ける。処理に時間がかかり、せっかく奪ったボールをキープできず、なおかつボールの出所にプレッシャーがかからないという悪循環に陥り、一方的に攻められ続ける。必死に耐えていたが、ついにCKから失点してしまう。ハーフタイムに修正を図り、風上となって反撃開始。ルーズボールを奪いはじめ、チャンスの芽ができかけるが、幅をうまく使えず、狭いピッチで決定的な場面をなかなか作り出せないまま、試合終了。結成20年で初の全道出場の量徳に、嬉しい初勝利をプレゼントしてしまった・・・。

VS下川(道北代表)△0-0(0-0/0-0)
初戦を勝ち点0で終えたため、何としても勝ち点3が欲しいゲーム。棚田をDFに、間峠をトップ下に置く布陣でゲームがスタート。相手コートで試合を進める時間帯が多く、得点の予感が。しかし、シュートへの意識が低く、バイタルエリアでもなおパスを選択してしまうため、なかなか相手に圧力をかけられない。ゴール近辺まで運ぶが、人数をかけた相手DFにクリアされてしまう展開が続く。後半は栗田をFWにあげるが、決定的なシュートは相手GKのファインセーブに阻まれる。藤村がスピードに乗った突破からDFを振り切りシュートを放つが、これもわずかにゴール左にそれてしまう。結局、0-0の引き分けで試合が終了した。

その後の試合で量徳と下川が引き分けたため、
1位 量徳  (勝ち点4)
2位 下川  (勝ち点2)
3位 くりやま(勝ち点1)
という悔しい結果となってしまった

強風・時折降る強い雨という悪コンディションの中でしたが、2試合を通して選手は全員出場し、経験を積むことができました。残念ながら決勝トーナメント進出はなりませんでしたが、明日はきっと今日より更に成長した素晴らしいプレーをみせてくれることでしょう
応援・宿泊の保護者の皆様、テントが飛びそうなひどい暴風雨の中、サポート本当にありがとうございます。選手一人ひとりに配布されたケースもステキでした。明日もよろしくお願い致します。
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/803-05753a33
カテゴリー
最近の記事
過去ログ