U-10苫小牧フットサル大会(1日目)

2008.12.20
中川です。
U-10苫小牧フットサル大会(1日目)の結果をお知らせします

■1試合目
 vs前田中央 5-3
 【得点者】りょうま2、ゆうき1、れん1、オウンゴール
試合の入り方が良く、先制でき良い試合ができた。
特にゆうきのインターセプト&丁寧なパス、けいたのスーパーセーブが目立っていた。

■2試合目
 vs ジュニオーレ 3-3
 【得点者】りょうま1、れん2
前半は本当にけいたのスーパーセーブに助けられた。
苦しい試合だったが、なんとか追いつくことができた。
りょうまのドリブル、れんの決定力が目立っていた。
また、りょっちが途中から非常にDFのバランスを考えてプレーしていた。

■3試合目
 vs 白老 4-5
 【得点者】りょうま1、れん2、しゅう1
勝てば1位になる大チャンスのゲーム。しかし、GKからのボールに対する受け方がうまくいかずにいきなり3点を奪われる・・・。しかし、そこから2点を返すがまた失点し、2-4で前半終了。後半は猛攻をしかけ、4-4に追いつくが、最後に1点を奪われ負けてしまった・・・。
1回のミスから一気に3点取られてしまい、技術以上に気持ちの部分に課題が残る試合だった。

■4試合目
 vs FCユーベル 3-5 
 【得点者】りょうま1、れん1、りょう1
試合前に決勝リーグの可能性が無くなってしまったが、明日につながるように、そして課題をクリアできるようにミーティングをしてから臨んだ。
ミーティングでは、ボールを奪われてからの対応(奪われたボールを奪い返すのは運動量的にも苦しいがチームのために頑張るというところ)、勝つために何ができるか(点を奪われた後の声、無理をしてでも勝つために頑張れるか)という所を確認&要求した。
負けはしたが、ベンチにいる選手の声が非常に頼もしく、一緒に試合を戦ってるのを感じることができた。この試合では、みく、しゅう、まひろがボールを奪われた後に歯を食いしばって一生懸命奪い返す姿勢が見え、りょうは丁寧にパスをつないでいて、こうへいの冷静なDF、こうだいの数的不利の対応など、いいシーンが多かった。

いつも、守備は「奪う」、攻撃は「観て判断する」ことを要求しているが、全てはみんながいいプレーをして、チームが勝ち、本当のサッカーの楽しさを知って欲しいと思っています明日も最後の試合ぐらい、「自分のやりたいコト」から「チームのために&みんなで試合を勝つために」と一生懸命やる姿を期待しています

今日も上手になり、変身した選手がたくさんいたので、明日も今日より上手になり変身する姿を楽しみにしています
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/850-d513b519
カテゴリー
最近の記事
過去ログ