旭川遠征結果

2009.04.25
菅原です。
春季遠征シリーズ第4弾・旭川遠征の報告を行います。

第1試合
VS 枝幸 ○3-1 得点者 奥河2 荒木
立ち上がり1分30秒で、スルーパスに反応した奥河が、斜め後ろからのボールを強引にボレー。鮮やかにネットに突き刺さり、素晴らしいスタートから試合開始。
TRでは、狭いコート・少ない人数で、ゲームを通してのキックを徹底的に行い、前日のTRではゴールを量産していた奥河の意識の高さが産んだゴールだった。
これで波に乗ったのか、第1試合とは思えないほど足が動き、積極的なプレーが光るくりやまFC。そして2点目は、臼杵の絶妙なスルーパスをダイレクトで荒木が豪快にネットを揺さぶる素晴らしいゴール。「キック」を課題に、コツコツと取り組んでいる荒木の努力が形となって表れた。3点目は再び奥河。チーム得点王の素晴らしいゴールで、初戦を終えた。

第2試合
VS コスモス ○3-0 得点者 奥河 藤村 栗田
このゲームも好調の2トップが積極的に裏へ抜け出し、チャンスを作る。奪ったボールをパス・コントロールのミスによって再び失うという課題が継続してあったが、このゲームでは、少しずつミスが減り、マイボールのままフィニッシュまでいける展開が増えてきた。
しかし、1点を奪った後、後半になってからは、スタミナが切れ始め、ゲームは膠着状態に・・・。ここで局面を打開したのが藤村。少し長めの難しい角度からのシュートを、逆サイドのネットに突き刺し、2-0に。先週・今日の第1試合と、好調ながらゴールの運がなかった藤村だったが、鮮やかなゴールだった。
藤村のゴール直後には、相手DFのミスからこぼれたボールを栗田がペナルティエリアの外からGKを越して鮮やかなロング(ミドル?)シュートを決めて3-0。
TRの場面では、「ゴールを狙わないことには何もうまれない」と常に言い続けてきたが、やはり、積極的にゴールを狙うことの大切さが感じられた素晴らしいゴールだった。

第3試合
VS 高台 ○3-0 得点者 丹生谷 菊地 藤村
本日ラストの第3試合。第2試合で足を痛めた栗田・棚田をベンチに置き、試合がスタート。密集地帯の突破に抜群のセンスをみせる藤澤・DF力が向上し、タメを作れるようになってきた加藤の中盤2人が奮闘する。今まで相手に背中を向けてピンチを迎える場面の多かったDF陣も、この試合ではインターセプトを成功させ、体を張っていた。松本・吉岡のポジショニングも良くなり、相手攻撃を跳ね返す。そして、右サイドの丹生谷が、中に持ち込むと見せかけて縦にズバっと抜き去り、先制ゴール!緩急のあるドリブルが冴えていた。その後、奥河が突破したところを倒され、獲得したPKを菊地がゴール!「イエーイ!」とジャンプしながらガッツポーズを決め、雰囲気は更に良くなる。そして圧巻は、藤村のドリブルシュート。
自陣からドリブルを始め、スピードに乗ったまま3人をあっという間にかわし、最終ラインを突破。そのままトップスピードでペナルティエリアへ向かう。たまらず飛び出したGKの鼻先をするりとかわし、ゴールへ流し込むスーパーゴール!!
前半の選手達のパフォーマンスに刺激されたのか、交代の栗田・棚田は体を張って頑張り抜き、山口は右サイドで正確にフィードを成功させていた。吉川・安藤は最終ラインから大きく展開できるよう意識していて、成長を感じられたゲームだった。

交流は2試合とも引き分け。2試合とも先制を許すも、第1試合は終了間際に安藤がゴールに流し込み、第2試合は吉川が浮き球を体ごと運んでゴールに向かい、鮮やかにゴール。5年生の宮本・小野・西条も、6年生相手に奮闘が光っていた。

来週はフィールズ・上江別とのTRMがあり、メロン旗もスタートします。トップチーム相手にはまだまだ技術の差がありますが、4連続の遠征と日々のトレーニングへの取り組みで、着実に、一歩一歩成長しています。選手の皆さん、次も頑張りましょう!

応援の保護者の皆様、4週にわたって、本当にありがとうございました!この後はしばらく、道央圏の移動となります(笑)。


コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/895-5933adbe
カテゴリー
最近の記事
過去ログ