4/29 TRM

2009.04.29
菅原です。
29日に行われたTRMの報告です。
この日は、朝から3・4年生/11:00から5・6年生と、2つのカテゴリーでTRMが行われました。岩見沢中央・三笠FCという空知のチームに加え、昨年度の北空知地区チャンピオンの奈井江・札幌での総合開会式を終えた上江別・クラブフィールズも加わり、実に有意義な一日となりました。ゲームは20分1本で、11人制・8人制の両方行われました。この日のテーマは、「奪う~守備の基本戦術~」です。

第1試合 VS三笠 ○4-0 得点者 奥河2 藤村 棚田
先週から続いているいい流れがそのまま試合で発揮される。先制ゴールは右からの浮いたボールを藤村がたたき込んで先制。勢いに乗り、奥河のヘディングシュートなどで4-0。

第2試合 VS奈井江 ○1-0 得点者 棚田
北空知の強豪・奈井江とのゲーム。押し込まれる場面も多く、なかなかマイボールで攻撃を進められなかったが、ピッチの選手が共通のイメージで奪うという場面が数回みられ、少しずつリズムをつかむ。互いに一進一退の攻防が続いた後、ミドルレンジから棚田の強烈なゴールがネットに突き刺さる。決めた本人も相当気持ちよかったのでは?という、素晴らしいゴールだった。

第3試合 VS上江別 ○1-0 得点者 奥河
1月に行われた、オオムラサキカップの優勝チーム。昨年の6年生は全国大会出場。現時点でどこまで食い下がれるか・・・と楽しみなゲーム。中盤を制圧され、サイドにスルーパスを出される苦しい立ち上がりだったが、藤澤の投入後ゲームが落ち着き、少しずつ攻勢に。バイタルエリアまで押し込んだ後、一度跳ね返されたボールを吉岡がクロスボールをあげ、ゴール前で弾んだところを、奥河が滞空時間の長いヘディングでGKのすぐ前からたたき込み、これが決勝点に。内容的には厳しい場面も多かったが、必死に走り抜いた素晴らしいゲームだった。

第4試合 VSクラブフィールズ ●0-2
昨年秋に行われたトラック協会杯のチャンピオンチーム。ゲーム前に再度ミーティングを行い、集中してゲームに臨む。予想通り、局面の止める・蹴るの精度に差があり、開始1分で右サイドを切り裂かれ、失点。しかし、この後、反撃を開始。速いアプローチから前にボールを運び、チャンスを作り出す。しかし、スタミナ切れか、徐々に足が止まり始め、終了40秒前に、ゴール前でマークがずれ、再び失点。0-2で、10試合ぶりの敗戦となる。しかし、昨年も同チームと対戦している選手達は、全く歯が立たなかったことを覚えており、自分達の成長を確かめることが出来た。トップチームとは明らかな差があるが、課題が明確になり、週末のメロン旗につながる敗戦だったともいえる。

この後、8人制に移行するも、選手の疲労はピークに。栗田・間峠が戦線を離脱し、上江別には大量失点。中央とはよれよれの中、交代交代で選手が出て、引き分けで終了。ちょっとやりすぎたかな?と思うほど、サッカー漬けの1日となった。

メロン旗まで残り後わずか。戦えるチームになってきたので、今後が楽しみです


コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/898-d16c7e9f
カテゴリー
最近の記事
過去ログ