全日本少年サッカー大会空知地区予選 決勝トーナメント

2009.05.10
菅原です。V2目指して挑戦した、全少予選の2日目の結果をお伝えします。

準々決勝 VS東FC ○4-0 得点者 臼杵 栗田 藤村 奥河
いよいよ決勝トーナメントのスタート。開始早々、右サイドの臼杵の突破からチャンスを作る。よく足も頭も動き、複数のパスコースを作ってボールを動かす素晴らしい立ち上がりを見せる。良い流れのまま、奥河からのパスに臼杵がDFと競り合いながらゴール!先制点を奪う。その後も良い流れが続き、CKのボールをキャプテン栗田がヘディングでビューティフルゴール!!2点目を奪う。よく走り、チャンスを数多く作る展開に、選手もハーフタイムには、口々に、「楽しい!」と語っていた。サイドが変わった後半、左サイド栗田からDFとGKの間に流したスルーパスを藤村がGKの鼻先で斜めにファーストタッチし、無人のゴールに流し込み3点目。最後は、ドリブル突破した藤村が出した丁寧なパスを奥河がけり込み、4点目。今大会最高のパフォーマンスでBEST4進出を決定した。

準決勝 VS南幌 ●1-1(PK3-5) 得点者 藤村
準決勝の相手は、中央を4-0で退けた南幌。センターラインに、大きく、強い選手を配置し、スピードのある強力なFWが全てのゴールをたたき出して決勝まであがってきたチーム。特別な対策はとらず、?出所にプレッシャーをかけること?積極的にインターセプトを狙い、ボールを持たせないこと、を確認してゲームがスタート。開始30秒で強力FWに5枚が振り切られ、決定的なピンチを迎える。しかし、マイボールにしてからは、あわてず、ボールを動かしながらチャンスを狙い、右サイドに流れた藤村が素晴らしいファーストタッチでDFの裏に抜け出し、難しい角度から先制ゴール。しかし、その後、DFのコントロールミスからスペースにボールが流れたところをさらわれ、1-1とされてしまう。それでも全く気落ちすることなく果敢に攻め続けるくりやまFCであったが、サイド攻撃からの最後のパスの精度が低く、追加点を奪えないまま1-1で前半を終える。
後半、喝を入れ直し、気合いの入った吉川・間峠が素晴らしいパフォーマンスでチャンスを未然に防ぐと、丹生・臼杵の右サイド/栗田・吉岡の左サイドがコンビで攻め込み、素晴らしい攻撃を行う。中央では棚田・藤澤がルーズボールを拾い、前線にパスを供給するも、タイムアップ・・・。
1-1のPK戦で、準決勝敗退が確定した。選手は泣き崩れていた。

3位決定戦 VS日の出 ●0-0(PK1-3)
今大会の3位決定戦は、ブロック代表決定戦への切符をかけた戦いとなった。しかし、南幌とのゲームで、精神的にもピークを迎えた選手達は足が重い。ミーティングでも雰囲気作りに努めたが、2試合素晴らしいパフォーマンスを行った選手達の足は重く、なかなかチャンスを作れない苦しい展開が続く。今大会大車輪の活躍だったFWも、4・5年生。疲労が足にたまり、前へのスペースに走り込めない。先発出場の安藤を松本へ・奥河を下げて棚田をFWに・加藤もFWに投入するも、周りの選手からなかなかサポートがなく、攻撃は単発になってしまう。結局、決め手を欠いたまま、延長戦に突入し、0-0でタイムアップ。2試合続けてPK戦で涙をのんだ・・・。

選手達が望んだ「結果」には届きませんでしたが、今できることに精一杯取り組み、全力で頑張れた、素晴らしい大会でした。今までの積み重ねが発揮されていた場面が数多くありました。サイズや走力はすぐに解決できませんが、いずれ時間が解決してくれます。今しか身につけることのできない「技術」の獲得に向けて、これからがんばりましょう
新しいスタートが始まります

保護者の皆さん、試合だらけで大変な1ヵ月でしたが、選手が大きく成長できたのも皆様のバックアップあってこそです。本当にありがとうございました。

最後に。
空知代表チームの北村・南幌・日の出の選手ならびに関係者の皆様。
来週は我々の分まで大暴れしてきて下さい!
空知魂でファイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/904-10eceff2
カテゴリー
最近の記事
過去ログ