空知長期リーグ 第2節

2009.06.13
菅原です。栗山では、KURIYAMAチャレンジカップが行われていたかと思いますが、三笠では、長期リーグの第2節が行われていました。

VS岩見沢Jr ○(10-0 6-0/4-0)得点者 奥河4 間峠2 栗田2 棚田1 藤村1
6年生がジュニアユースで抜けていた岩見沢Jr。くりやまFCはゴールラッシュを見せる。開始早々、藤村がセンタリングを合わせて先取点。その後も、栗田の左足での弾丸ミドル・棚田の強引な突破からのゴール・FWにコンバートの間峠の2ゴール・そして久々に大爆発の奥河の4ゴールで勝利。

VS三笠FC △0-0
交流を挟み、4試合連続の4試合目。出足が鈍くなり、開始早々、DFとGKの連携ミスからピンチを迎え、リズムが悪くなる。押し込む場面が多く、ボールを支配するも、ルーズボールを拾えず、時折カウンターからピンチを迎える。選手には少しずつあせりが見え始め、結局スコアレスドローに。第1節の長沼戦もそうだったが、パフォーマンスに少しでも波があるとこのようなゲームになる、という典型的な試合だった。選手は、がっくりと肩を落として帰ってきた。リーグ戦なので、中にはこのようなゲームもあり、選手にとっては、常に高いモチベーションで臨まなければならない、という良い経験になったのでは・・・?

交流ゲーム
得点者 藤沢 西条 丹生谷 藤村 安藤 間峠 白井

三笠と2試合交流を行った。惜しくも宮本選手のゴールはならなかったが(惜しかったね、あず!)、西条の今期初ゴールも含め、しっかりとトレーニングの成果を発揮することができた。

TRM(15分1本)
VS幌向 ●(0-1)
新人メンバーで臨んだゲーム。負傷の加藤がいないことで、なかなか中盤で展開ができず、開始早々、相手左サイドからのセンタリングを合わされ、失点。その後は相手のアプローチをかわしながら攻め込む場面もあったが、残念ながらゴールは奪えず。数多くの課題が発見できたゲームだったが、DFの吉川・小野の安定したパフォーマンスが光っていた。
VS豊幌○(2-0)得点者 間峠 棚田
今度はGK以外オール6年でメンバーを組む。DFで出場の菊地も生き生きとプレーしていた。安田が厳しいDFからしっかりとボールを奪い、丁寧にプレーする場面が多く、成長を感じさせられた。得点は、棚田のミドルシュートを太ももで押し込んだ間峠が先制。2点目は棚田がDFラインを抜けだし、GKのポジションをよくみて早めにシュートする頭脳的なゴールで追加点。

試合終了後、大雨が降り出し、あわてて撤収。栗山はほとんど降っていなかったそうですね
明日は士別に遠征!旭川地区の強豪に挑戦だ
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/921-69388d29
カテゴリー
最近の記事
過去ログ