リトルスプーンカップ 最終日

2009.08.03
第1試合 VS札幌西 ●0-2(0-2/0-0)
2位トーナメントの初戦。豪雨のため、テントを移動・ブルーシートなど、諸々の準備に追われ、ほぼアップなし・ベンチでストレッチを行ってゲームスタート。スリッピーな芝に手こずり、何もしていないまま、あっという間に2失点。
後半、加藤・奥河を中心に猛反撃を開始。後半のほとんど全てを相手コートで戦い、ルーズボールも拾い、シュートも相当数打つも、ゴールが遠い・・・悔しい悔しい敗戦となった。選手の中には、雨の芝を未経験の選手も多く、特にロングボールを蹴られた際の処理は、相当良い(苦い?)経験となったのでは。

試合と試合の合間には、エスポラーダの選手との交流マッチ。滑るピッチで、なかなか本来の足技を発揮しにくそうであったが、それでも時折見せるビッグプレーに、会場は大いに盛り上がっていた。今大会キャプテンの奥河選手も、選抜チームの一員としてエスポラーダの選手と対決。惜しくもゴールはならなかったが、瀬極的に仕掛け、シュートを何本も打っていた。

第2試合 VS月寒 ○3-1(2-1/1-0)得点者 加藤 藤村 奥河
十分なアップと準備をして迎えた第2試合。対戦相手は、予選リーグでも対戦し、苦しめられた札幌の古豪、月寒。奥河の後半のハットトリックで勝利したが、果たして2回目は・・・?スタッフも興味深く試合に臨む。
開始早々、加藤が右サイドを切り裂き、ゴールに迫る。センタリングをあげるか・・・?というタイミングで巧みに切り返し、角度のないところから、左足でビューティフルゴール!!雰囲気が一気に盛り上がる。続いて怪我で本調子ではなかった藤村がこぼれ球をGKの手をはじいてたたき込み、2-0で前半を終える。
このゲームでは、山口が獅子奮迅の大活躍。緩急を上手に使い分け、ドリブル突破を何度も繰り返していた。足の痛みを訴えていた今大会だったが、ハーフタイムに聞くと、「治った」ということ。気持ちが乗っていると、痛みまでどこかへいってしまうのかも・・・また、このゲームでは、DFも奮闘。キック力のあるGKからのロングボールが月寒の攻撃パターンであったが、これを吉川・中川・田中が何度もはじき返し、スピードのあるFWにはこれまたスピードが持ち味の丹生谷がパーフェクトに対応。三木田・山内・榎本も、時間の経過と共に落ち着きを見せ、山内は左サイドから積極的に仕掛けていた。白井も、滑るピッチの上を、存分に駆け回り、ハードなDFで何度もボールを奪っていた。
後半、奥河が突破し、相手DFに倒されたボールを山口がうまくフォローし、一気に流れを持ってくる。GKのファンブルを吉川がうまくさらい、中央に流し込んだボールを奥河が合わせ、3-1。最終戦を白星で終えた。

しっかりとスポンサーがついている大会ということもあり、閉会式の参加が義務づけ。(ビンゴ大会つき)時間があったため、ジュントスと交流戦を行った。学年はくりやまFCよりも下だと思われる選手達が、ハードに体を寄せ、ボールを持つと、常にドリブルで1VS1を仕掛けていく姿勢は、圧巻だった。パス&コントロールも大切だが、個人で仕掛け、局面を打開する力の必要性を改めて感じさせられた。
ちなみに、そのジュントスが、なわとび大会で優勝し、メロンを手にしたが、実はくりやまFCも1回差で2位・・・!あと少しでなわとび1位でした・・・。

暑かったり、雨にあたったりと、大変なコンディションの中、サポートして下さった保護者の皆様、今回も感謝です。そして、第1回大会を立派に運営して下さった、札幌のボーイズ、北郷、真栄など、各チームスタッフの皆様、本当にありがとうございました!本部も覗きにいきましたが、本当に大変そうでした我々も、その苦労、よ~~~~くわかりますぜひ、来年も参加したいと感じさせられた、素晴らしい大会でした
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/940-a7e7c053
カテゴリー
最近の記事
過去ログ