道新旗空知地区予選 準々決勝

2009.08.22
菅原です。例年よりずいぶん時期が遅くなった道新旗空知地区予選の1日目の結果をお伝えします。

くりやまFCは、リーグ戦の結果から、シードとなり、トーナメントの2試合目・準々決勝から大会参加。長沼と南幌の勝者と当たることになっています。菅原・丸山の2人は、長沼VS南幌の1回戦の試合を、一足先に観戦に向かいました。
前半は、風上の長沼が、ハードワークで試合を支配。時折南幌の強力FWにちぎられる場面はありましたが、中盤をコンパクトにして、果敢にプレスをかけ、2-0で前半終了。後半開始早々、南幌がカウンターアタックから1点を返し、2-1とするも、長沼も右サイドからのロビングを得点につなげ、3-1に。隣の丸山コーチは、「長沼で決まりですかねえ」とつぶやきましたが、菅原は、「いや、まだわからんぞ」なんて会話してました。すると、そこから、南幌の怒濤の猛反撃。縦のスペースへ蹴ったボールは、長沼の深い芝でスピードが殺され、絶好球に。空知の6年生じゃ対応しきれないパワー・スピードで、南幌FWがあっという間に得点を重ねて逆転。直接FKも決まり、終わってみると、5-3(!)何と南幌は、後半だけで5ゴール・・・。くりやまFCもこれはどうしようもないかも・・・感じさせられた試合でした。

VS南幌 ○1-1(0-1/1-0) PK6-5 得点者 棚田
南幌が3バックでDFラインが深いこと・縦に長いボールが入ること・右サイドに起点を作るということを確認し、棚田・吉川の人に強い選手を中央に。快足の安藤を左サイドに起用してゲームがスタート。試合前に、「パススピード」についてミーティングで伝えたが、やはり、予想通り、長沼の芝にボールの勢いが殺され、パスが弱くなり、正確につながらない。加えて、相手FWを警戒する余り、MFで起用の吉岡の位置も低くなり、中盤でボールをもたれてしまう。裏に抜けられると決定的なピンチになることが選手もわかっているため、何となく逃げ腰になり、プレスがかからない。そして、前半開始から数分、左サイドから4枚が一気にちぎられ、0-1となる苦しい展開で前半を終える。
ハーフタイム、「暗いぞ!」と声をかけ、積極的に、のびのびやろうと声をかけ、送り出す。少しずつゲームの中で選手は修正を図り、押し込み始める展開に。しかし、ここで、臼杵が足を痛めるというアクシデント。最近TRでメキメキと成長していた加藤をピッチに送り出す。加藤は細かいステップでチャンスメイク!そして、右サイドの間峠~丹生谷のコンビが素晴らしいプレーで、何度もサイドを突破し、センタリングを上げ続ける。得点の雰囲気が漂い始めるが、後一歩でゴールを割れない・・・。棚田のFKは、ポスト横をかすめる。ここで、松本を投入し、棚田をFWに。前線でタメができることで、藤村が裏を狙い、チャンスが更に広がる。臼杵も監督の一喝で闘魂注入され、再びピッチで躍動する。緊迫した展開の中、残り時間が8分、7分、6分・・・時折カウンターアタックに脅かされつつ、時間だけが過ぎていく。ここで、最後のカード、荒木を投入。魂のこもったプレーで前線から球を追い、更にチームに勢いを与える。残り時間が1分を切ったところで、棚田が前を向いてドリブルで仕掛け、フワリと柔らかいボールを荒木へ。相手DFの激しいアプローチの中、ラストのセンタリングを荒木がゴール前に入れると、ボールがこぼれ、棚田が左足のアウトでボレー。ボールはサイドネットに吸い込まれ、土壇場で同点にサッカーの神様が微笑んでくれた、劇的な同点ゴール。そして、勝負は、全少と同じようにPKへ。
PKは、栗田~藤村~棚田~吉岡~荒木~臼杵の全員が決め、6-5で勝利!苦しい苦しい勝利だったが、最後の最後まであきらめないハートが呼び込んだ勝利でもあった。

このゲームは、緊張もあり、また、明らかに相手にフィジカルの強い選手が数名いたことで、リズムに乗れず、今シーズンのゲームの中では、良い内容とはいきませんでしたが、選手はよく走り、必死に戦っていました。何より、交代で誰が出ても、素晴らしいパフォーマンスを発揮できるようになったというのが収穫でしょう。明日は王者北村。リーグ戦では、悔しい悔しい敗戦を喫しています。きっと選手はやってくれるでしょう!



コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/944-18f2e778
カテゴリー
最近の記事
過去ログ