ちびっ子サッカーフェスティバルin石狩(3年生)2日目結果

2009.09.14
遠藤です。ちびっ子サッカーフェスティバル3年生大会の結果をお知らせします。


決勝トーナメント一回戦
VS若葉ボンバーズ 3-0 ○ 得点者:れいや、ひろむ、ゆうや

前半 2-0

昨日Eブロック2位で決勝トーナメントを決めた地元のチーム若葉ボンバーズと対戦。予選リーグでは同じ空知の東FCを6-4で破っている攻撃力のあるチームです。試合前に「どのチームも昨日よりプレッシャーが早い。前半から早いアプローチで前から積極的に奪いに行こう!」とミーティングをして試合に臨みました。そして試合が始まると出足の早いスタート!激しくアプローチに行くと前半1分。高い位置で相手ボールを奪い、れいやが右アウトサイドで抜け出すと、スピードに乗ったままシュートし先制!れいやは昨日から何度もドリブル突破していましたがなかなかシュートを打つことが出来ず、課題でした。でもこのシュートはきちんとシュートで終わろうと意識して打っていたことが感じられました。ナイスゴール
その後、今度は左に抜け出たひろむが左足からのミドルシュートで追加点を奪いました。これまた左足が課題だったひろむのナイスゴールでした
そのまま前半は2-0

後半 1-0

後半もくりやまFCは集中を切らさず、相手にしっかりと体を寄せて一対一にファイトしていました。前線に出たボールをなんとかともなが転びながらも、マイボールにすると、これをゆうやが2列目から良い飛び出しでキーパーと一対一に…
左足でシュートを打つとこれが相手キーパーの股間を抜けてゴール!「ひだりできめた~!」と喜んでいました  
りくは巧みなフェイントから右サイドを突破して中へセンタリング。これは惜しくも合いませんでした。けいごも積極的に前からインターセプトしてシュートを放つが、これも惜しくもゴールならず!後半もくりやまペースで試合が運び結局3-0で一回戦を危なげなく突破しました!




準々決勝 
VS長沼 2-2 PK(3-1) ○ 得点者:ゆうや、りく

前半 1-1

何度かTRMで対戦している長沼。いつも引き分けで、どの選手がいいのかもお互いにわかっている相手。同じ空知同士として負けられない一戦となりました。
試合前に「相手は一試合目でくりやまは2試合目でしょ、すぐ動けるのはくりやまのほうだよ。開始から一気に攻めよう!」と選手に指示。みんなは「そっかー!」とやる気満々!ここが3年生のかわいいところです

試合が始まると一試合目同様に早いアプローチから長沼を好きにさせない。そしてゆうやが突破してアウトサイドでシュート!これがゴールに吸い込まれて先制!良い入りで試合を進めます。しかし長沼には早くて蹴れる選手が数名いて、サイドをドリブル突破されると中へ折り返され失点。それから流れは一気に長沼に…くりやまの守る時間帯が増えますが、ひろやがナイスタイミングで相手に体をぶつけて相手チャンスを潰し、相手のするどい決定的なシュートはけんたが反応して、右手ではじくビックセーブ!!
同点のまま前半終了…

後半 1-1

後半に入ると、相手を見てしまうシーンからピンチになりますが、ひろむが跳ね返して決定的な場面をつくらせない。するとラスト5分前GKけんたの蹴ったボールがワンバウンドして相手DFの頭を越えて、待ってましたー!とりくが抜け出してキーパーと一対一に!これを見事に決め勝ち越し!しかしあきらめない長沼。エースの早い突破から中へ折り返されゴールを許してしまいました。一進一退の攻防の末タイムアップ。勝負の行方は決勝トーナメント初のPK戦へとなりました。


PK(3-1)

キッカーはひろむ、りく、チームキャプテンはやとの順番。

一人目ひろむが豪快に決める。相手もエースがきっちり決める。

二人目りくが長い助走からキーパー右横にシュート。コースは甘かったが早いシュートに相手キーパー反応できず、ゴール。
相手二人目。強いシュートがけんたの左へ…これを足いっぱい伸ばしセーブ!!


ラスト三人目。今大会のチームキャプテンのはやと。決めれば決勝進出…はやと思い切りシュート!ゴール!けんたの活躍もあり、見事にPK戦を制し準決勝進出となりました





準決勝
VS藻南 1-1 PK(2-3) ● 得点者:ゆうや

前半 1-1

3試合目となり、前の試合で激しく戦ったせいもあり、疲れが見え始めてきたがそれは相手チームも同じ条件。選手には今大会のテーマ「相手より先にボールにさわる。空いているスペースを見つけて攻める」ことを再確認して試合に臨みました。前半開始、相手ペナルティー右のいい位置でFKのチャンス。キッカーはひろむ、インステップに乗せた強烈なシュートがキーパー正面に行くとこれをはじき、しっかりとつめていたゆうやが冷静に流し込み先制!その3分後長い距離から相手のミドルを許してしまい同点とされそのまま前半終了。

後半 0-0

お互い疲れてはいるが、必死に戦い、りくはお腹にボールが当たり息が出来ずベンチにさがる…その後すぐにひろやの顔面にボールが直撃…9人のくりやまにはもう交代選手がいない!でもひろやは必死に立ち上がりプレーを続行しました。りくも再びピッチに戻り走り続けました。チャンスは同じくらいありましたが、どちらも決め切れず、同点のまま、またしてもPK戦へともつれこみました。

PK(2-3)

PK戦では選手に蹴りたい順番を決めさせ、「思い切ってやってきてごらん」と伝え、全員で円陣を組み、気合いを入れなおして臨みました。決めたり止めたり、止められたりと、あんまり覚えておりませんが、結局2-3で敗れました。


試合終了後、選手からはボロッボロの涙…「精一杯戦ったしょ!良く最後まで走った。」と伝えるとさらに滝のように涙がこぼれ、全力でプレーしたことを物語っていました。




3、4位決定戦では、予選で戦った新発寒でした。結果は0-3で負けました。この試合も全力を出して戦いましたが、あと一歩が出ませんでした。
相手の指導者の方と連絡先交換をして、今度はまたベストの状態で戦いましょうと約束しました。みんな、今度はもっと上手くなってやっつけような!


決勝戦は藻南が延長の末、2-1で伊達を破り優勝しました。二日間、交流試合も含め、全10試合を戦ったくりやまFC3年生。最終的には20チーム中4位と健闘しました。優秀選手には何度もピンチを防いでくれくれたGKけんたが選ばれました!最後に選手には「自分に足りなかったところをこれから必死で練習して身につけよう」と伝え、石狩を後にしました。やるべきところははっきりとしてきました。明日からまた頑張りましょう!


最後になりましたが、朝7:30から夕方6:00までの長い時間を2日間。雨にもあたるハードなスケジュールの中、選手の送迎や会場での準備をしてくださった保護者の皆様、お疲れさまでした。そしてありがとうございました!
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kuriyamafc.blog2.fc2.com/tb.php/963-e822eb19
カテゴリー
最近の記事
過去ログ